超簡単設定!Amazon「予約注文」を活用して売上最大化を狙え!

こんにちは!
アグザルファのAmazon専門コンサルタントです!

Amazonの予約注文を利用して商品を購入したことはありますか?

私は先日の「母の日」にカステラとコーヒーのセットをAmazonで予約注文購入し、母の元へ送りました!

予約注文とはその名の通り、世の中に出回る” 発売前 “の商品に対して、事前に注文できる購入方法です。

購入者側は、発売予定の商品を予約(=確保)できます。
例えば、母の日やクリスマスなど全国的なイベントなど、前もって予約注文しておくことがで、イベント直前になって必要な商品が手に入らない!といったことを回避できるでしょう。

出品者側からすると、販売予定の商品の在庫が手元に到着する前から販売開始できるため、販売機会を有効に活用することができます。

今回は少しでも役立つ情報をお届けできればと思い、Amazon出品における「予約注文」の概要と設定方法について解説いたします。

予約注文とは?

Amazon出品における「予約注文」とは、

世に出ていない新商品を発売日前に商品ページを作成し、予約注文を受け付け、販売開始日を迎えたら購入者へ発送する

といった注文方法になります。

Amazonでは、新商品に対して設定できる「予約注文」と、すでに販売済の商品で再入荷の場合に設定できる「入荷待ち商品の注文」という二通りの事前注文方法があり、それぞれ利用条件が異なります。

今回は、前者の「予約注文」について解説していきます。

・予約注文とは、出品時に3日以上先の発売日が設定された商品の注文を指す

・ 最低3日以上先、最大365日以内の発売日を設定できますが、カテゴリーによって異なる
(おもちゃ&ホビーカテゴリーでは、730日以内の発売日が設定)

・書籍は、予約注文の対象外

・本機能は大口および小口出品サービス共に利用可能

引用元:Amazon出品者のヘルプ

Amazonでは、1年以内に発売する商品であれば予約注文の設定が可能です。

1年という長期期間での予約注文設定ができますので、年に数回しか生産できないような希少な商品でも、販売が確定しているのであれば、前もって予約注文を受けることが可能になります。

当然ながら、Amazonサイト上に商品ページが存在するので、多くの人に訪れてもらえるような対策、販売機会を逃さないような商品ページの構築・充実化を図りましょう。

注意点として、購入者は「(注文確定日前までは)予約注文をキャンセル」することが可能です。

すぐに手元に届かないけれど、購入者が欲しいと感じてもらえることも必要ですので、予約注文するにあたり情報不足がないか、不安要素がないかといった目線で見ていただき、追加が必要であれば、随時商品ページを更新していきましょう。

ただし、商品情報がまるっと変更されてしまうと、すでに予約注文している購入者に混乱や注文キャンセルをきたすため、更新内容によっては注意が必要です。

注意:予約注文を設定する前提条件

予約注文商品の出荷方法は「出品者出荷」のみの設定になります。(FBA出荷で予約注文の受付不可)
また、マケプレプライムの利用もできません。

予約注文を設定するメリットは?

結論から言うと…

メリットはあります!

冒頭でもお伝えしましたが、予約注文は発売前の商品を事前にAmazonサイト上で販売開始し注文を受けることができます。

ということは、発売前から予約注文を受け付けることで、販売期間を長く設けることができ、より多くの注文数を獲得できる可能性が高まり、売上拡大に繋がると言えるでしょう。

さらに、予約注文で受注した商品には、もちろん販売実績が蓄積されます。

予約注文期間が終了し、自動的に通常販売へ切り替わった以降も販売実績は引き継がれますので、Amazonサイト内のSEO対策での効果も高くなる可能性があります。

季節物のイベント商品など特定の時期に需要のある商品は、前もって企画し早期に予約注文販売を開始することで、期間限定のイベントであっても販売期間を長めにもち、売上最大化を図れます。

予約注文の流れ

Amazonにおける予約注文の流れを解説いたします。

1)セラーセントラルの在庫管理より、予約注文を開始する商品に対して「予約商品の販売開始日(発売日)」を設定する(次項目で設定方法は解説いたします)

2)予約注文を開始した商品に注文が入ると、購入者から予約注文を受注したお知らせが出品者へ配信、セラーセントラル > 注文 > 注文管理 の「予約注文」のステータスに含まれます。

3)注文確定日(※)になると、セラーセントラル > 注文 > 注文管理 のステータスが「未出荷」に変更、ここのタイミングで「注文レポート」に計上されます。

予約商品の注文確定日の計算方法
[注文確定日] = [発売日] – [注文から出荷までの日数]
例:発売日=12月30日、注文から出荷までの日数=4営業日とした場合、 [12月30日] – [4営業日] = [予約注文の確定日=12月26日]

4)各購入者の支払いが確定次第、注文管理のステータスが「未出荷」から「出荷準備中」に変更
「出荷準備中」になると購入者側による注文内容の変更・キャンセルは不可になります。(出品者側は、「出荷通知」を押すまでは注文キャンセルすることが可能です)

5)商品を発送し「出荷通知」を送信

6)出品者の売上金がペイメントに計上

以上が、予約注文の受注から発送までの大まかな流れになります。
続いて、予約注文の設定方法を解説いたします。

予約注文の設定方法


予約注文は、セラーセントラルの 在庫管理 > 詳細の編集 > 詳細から設定します。

1.在庫タブから「在庫管理」をクリック

在庫管理

2.予約注文対象商品の「詳細の編集」をクリック

予約注文商品

3.「詳細」タブをクリック

詳細タブ

4.予約注文の販売開始日を入れる

販売開始日

5.【重要】在庫数と出荷作業日数を入れる

在庫数


出荷作業日数(=リードタイム)が空欄のままだと、通常出荷予定日が2営業日になってしまいます。

2営業日以内に出荷できるのであれば空欄でもOKですが、出荷作業に時間が掛かる場合は必要な日数を入力してください。

出荷作業日数を軽視してはいけません!
ここの日数を超過すると「遅延」表示が出てしまい、アカウントの健全性にマイナスの影響が生じます。

出荷済の場合は「出荷通知」を確実に押さないかぎり、遅延という扱いになるため、「出荷通知」を押すまでが一連の出荷作業としてご認識ください。

また、在庫数を入れないと、在庫切れによりAmazonサイト上で商品ページが表示されませんので、確実に在庫数も入力してください。

以上で設定完了です!

思っていたより簡単ではないでしょうか?

設定完了した予約注文商品の「商品ページ」は以下のように「発売予定日」が表示されます。

反映

その他の対応

予約注文詳細の確認方法

セラーセントラル > 注文 > 注文管理 >注文番号をクリックする > 注文の詳細

1. 注文管理画面から予約注文を確認

受注後


2. 注文番号をクリックし詳細を確認

注文内容

 

発売日が変更になったときの対応

設定完了してひと段落…。

と思っていたところ「発売日が変更」に!なんていうことも可能性がありますよね。

発売日が変更になった場合は、以下2点の変更対応を行ってください!

【変更1】商品ページ上に表示される「予約商品の販売開始日」の項目の変更
【変更2】受注済み注文分の出荷予定日を更新し、購入者に新しいお届け予定日を通知

【変更1】商品ページ上に表示される「予約商品の販売開始日」の項目の変更

セラーセントラルの 在庫管理 > 詳細の編集 > 詳細 から変更

発売日変更

前述の「予約商品の設定方法」で解説した「予約商品の販売開始日」を設定したときと同じです!

これで商品ページの更新は完了です。
更新後に受注した注文から、新しい発売日が適用されるようになります。


【変更2】受注済み注文分の出荷予定日を更新し、購入者に新しいお届け予定日を通知

すでに受注分の予約注文に関しては、新しい発売日を購入者にご案内する必要があります!

セラーセントラル > 注文 > 注文管理 >注文番号をクリックする > 注文の詳細 から変更

予約注文

発売日を更新するASINにチェックを入れ、新しい発売日に「将来の日付」を入力し、「発売日を更新する」をクリックすると、新しいお届け予定日が購入者にメールで通知されます。

これで購入者へのご案内は完了です!

ただし、注意すべき点もあります。

【注意】発売日変更における注意点

注文確定日後に出荷予定日の変更はできません!

出荷に遅延が生じると、「出荷遅延」という扱いになります。
また、商品を確保できず出荷できなくなった場合は、「注文キャンセル」となります。

いずれも、アカウント健全性の「出荷パフォーマンス(出荷遅延率、出荷前キャンセル率」に直結しますため、予約注文を行う場合は、在庫数、出荷作業日数の計算を含め、確実に購入者へお届けができるプランを立ててご活用ください!

予約商品の注文確定日の計算方法
[注文確定日] = [発売日] – [注文から出荷までの日数]
例:発売日=12月30日、注文から出荷までの日数=4営業日とした場合、 [12月30日] – [4営業日] = [予約注文の確定日=12月26日]※祝日・土日を含めずに計算

まとめ

いかがでしたか?

Amazon出品における予約注文の設定はとても簡単でしたね!

まずは、1商品でも予約注文を試してみると、すぐに流れが掴めるはずです!

これまで、手元に在庫が届いてから再販していた場合などは、ぜひ予約注文を導入してみてください。
簡単な設定で効果的に売上に変化をもたらす施策のひとつになってくれます。

これから発売を控えている商品やイベント関連商品に積極的に利用して、売上最大化を狙っていきましょう!

少しでも、本記事が皆様の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

取扱商品が売れるのかわからない・・・
他では売れるのにAmazonでは売れない・・・
検索順位が上がらず集客できない・・・

そんなお悩みを抱えていましたら、
Amazon専門コンサルのパイオニア企業 アグザルファ株式会社へお気軽にご相談ください!

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス