Amazonストアまとめ 連載第1回| Amazonストアとは? (基礎知識編)

こんにちは!
アグザルファのAmazon専門コンサルタントです!

「Amazonで自社のブランディングをもっと強化したい!」

みなさんの中には、このような悩みを持たれる方々も多いかと思います。

そこで、是非ともオススメなのが、「Amazonストアの活用」です!
とはいえ、作成に時間や費用が掛かるのでは? と新しい機能の導入には億劫になってしまうことも・・・

そんな方のために、「Amazonストアまとめシリーズ」として連載でお届けすることにいたします!

連載第1回はAmazonストアについて の「基礎知識編」から参りましょう!

そもそもAmazonストアとは?

Image: Amazon.co.jp

簡単に言うと、

ウェブサイトのようにブランド専用ページを作成し公開できる機能

商品の販売にフォーカスすると、Amazonはカタログサイトということもあり、他モールサイトのように商品ページのカスタマイズの自由度が低く、さらにはブランド自体の訴求を積極的に対策することが難しいというのが本音です。

しかし、このAmazonストアを活用することで、ユーザーに向けて、ブランドイメージ・ブランドストーリー・価値・こだわりなどの「About us」の部分も含めて視覚的に伝えられ、ブランド認知度の期待ができます。

さらには、ブランド関連の検索やリピーターが増え、コンバージョン向上により売上拡大にも繋がります!

参考:Amazonストア 公式サイト

Amazonストアの利用条件

「Amazonストア」を作成するためには利用条件があります。

Amazonブランド登録です。

Amazonブランド登録とは、商標取得済の所有ブランドでAmazonブランド登録を行うことで、知的財産を保護する効果があります。

要するに、ブランドが誰のものなのかを明確化することで、Amazonブランド登録したブランドの商品情報の強い編集権限が与えられ、相乗り出品者”の排除や情報の改ざん防止にもなります。

ただし、先述の通り、該当するブランドの商標が必要不可欠なため、まずはこちらの取得から進めてまいりましょう。

参考:Amazon「ブランド登録」をするメリットは?

Amazonストアの4つの特徴

1.ブランディング強化

商品ページ上においては、テキストや画像を用いた紹介ページの作成は「商品紹介コンテンツ(A+)」で可能ですが、あくまで商品に関するコンテンツで占有されることの方が多くなります。

その反面、Amazonストアでは、ブランド全体を表現できるブランドサイトとして活用できるため、自社ブランドの価値や世界観、ブランドイメージの植え付けを狙った構成による作成が可能となります。

また、テキストや画像に加え動画もアップでき、自動的にPC、モバイル、タブレットに対応されます。

2.豊富なデータを取得可能

作成したAmazonストアへの訪問者数や閲覧数などの売上データに関しては、ストアインサイトから確認することができます。

主な指標は以下の通りです。

・日別訪問者数(UU):ストアを閲覧した1日の合計ユニークユーザーまたはデバイス
閲覧数(PV):選択した期間のページビュー数(リピート閲覧数を含む)
売上:ストア訪問者の最後の訪問から14日以内に発生した合計売上の推計
注文された商品点数:ストア訪問者が最後の訪問日から14日以内に注文した商品数の合計
閲覧数/訪問者数:ストアの日別訪問者が閲覧した平均のユニークページ数

 

Amazonストアは出品者側で自由に編集できるため、新商品発売のタイミングや注力商品の変更時など、ページ構成を都度カスタマイズしていただき、精度の高い魅力的なストア構築に役立てていきましょう!

3.外部広告に活用

AmazonストアはAmazonサイト内のオーガニック検索および広告との連動でより効果が上がるだけでなく、Amazonサイト外の媒体にも有効に活用することができます。

「amazon.co.jp/ブランド名」といったAmazonURLを活用できるため、Google、Yahoo、Facebook、Instagram、Twitter、メールマガジンなどにおいて、遷移先をAmazonストアに設定し、ブランドページとして活用するなど多岐に渡ります。

「Amazonサイト外からも新規顧客を獲得したい!」という方は、Amazonストアの利用で外部流入の向上が見込めます。

4.無料で簡単に作成

ところで、「Amazonストアの利用料っていくらなんだろう?」と思いませんか?

ご安心ください!

Amazonブランド登録が完了している出品者であれば、「無料」で利用できます!

作成方法はとても簡単で、専門的なコーディングスキルなど一切不要です。
ストアを構成できるテンプレートがありますので、自由に組み合わせテキストや画像を当て込むだけ。

ブランドの顔となるページになりますので、できるだけ解像度の高い画像素材をご使用いただくことをおすすめいたします!

あとは、自分自身のアイデアとセンスで作成できますよ!

まとめと次回

Amazonストアは、商品を魅力を存分に伝えられる最適な機能と感じた方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか?

おそらく、Amazonストアは今後も充実したコンテンツ作成の拡充や外部流入の強化などが図られると予測しています。

Amazonブランド登録が完了している方は、ぜひAmazonストアの作成に挑戦してみてください!

次回は、実際の作成手順について実践編として解説いたします!

少しでも、本記事が皆様の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

取り扱い商品が売れるのかわからない・・・
他では売れるのにAmazonでは売れない・・・
検索順位が上がらず集客できない・・・

そんなお悩みを抱えていましたら、
Amazon専門コンサルのパイオニア企業 アグザルファ株式会社へお気軽にご相談ください!

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス