【続報】「Amazon Vine先取りプログラム」で商品レビュー獲得を目指そう!

【続報】amazonvine先取りプログラム

こんにちは!
国内初のAmazon専門コンサルサービスを展開しているアグザルファです!

アグザルファブログではAmazon専門コンサルタントがAmazon出品に役立つ情報をお届けしています。

Amazon出品に関する数あるお悩みのなかで、「商品レビューを獲得するにはどうしたらいいのか?」といったご質問をよくいただきます。

商品レビューの獲得には、いくつか方法がございますが「AmazonVine先取りプログラム」はご存知でしょうか?

簡単に言いますと、

「AmazonVine先取りプログラム」とは、Amazonの「Vineメンバー」と呼ばれるトップレビュアーへ、出品者が商品やサンプルを無料で提供し、率直な商品レビューを投稿してもらえるプログラムとなります。

商品レビューは転換率向上のきっかけになる要素ですので、Amazonで売上拡大に向けて重要な施策と考えます。

今回は「AmazonVine先取りプログラム」の参加要件をおさらいしながら、登録方法と続報情報を解説いたします!

「AmazonVine先取りプログラム」の参加要件

「AmazonVine先取りプログラム」を利用する際には、参加要件を満たしていることが必要となります。
参加要件を出品形態(セラーの場合/ベンダーの場合)ごとに解説いたします。

⬇︎「AmazonVine先取りプログラム」の概要やメリットについては以下記事をご参考ください。

新たなレビュー獲得施策!?Amazon Vine 先取りプログラムを解説!

《 セラーの場合 》

前提条件として下記を満たしていることが必要です。

・大口出品の出品者である
Amazonブランド登録にブランドを登録している
・ブランド所有者として認識されている
・対象となるFBA出品商品がある

そして、上記の参加要件のほかにも、参加資格を得るには、登録商品が下記の参加資格を満たしている必要があるのでご注意ください。

・商品詳細ページのレビュー数が30件未満である
Amazonブランド登録で登録されているブランドである

・コンディションが「新品」の購入可能なFBA出品商品である
・アダルト商品ではない
・Amazon Vine登録時に出品を開始している
・在庫がある
・商品の画像と説明がある

参考:《セラー》AmazonVine先取りプログラムについて

《 ベンダーの場合 》

・Amazonブランド登録に登録済みのブランドの商品である。
・アダルト商品ではない。
・Amazonサイト上で販売中で、在庫がある。
・商品詳細ページに公開されているレビューが30件未満である。
・ブラウズノードで分類されていること。

ベンダーについても、セラーと大きく異なる部分はないようですが、気になる方は下記概要をご確認ください!

参考:《ベンダー》AmazonVine先取りプログラムについて

ここで、”Amazonブランド登録””FBA”など聞き慣れない方がいらっしゃいましたら、過去記事も是非ご参考ください。

⬇︎Amazonブランド登録については、下記の記事をご参考ください

Amazon「ブランド登録」をするメリットは?

⬇︎FBAについては、下記の記事をご参考ください

Amazon FBAを利用するメリット・デメリットまとめ!

「AmazonVine先取りプログラム」の登録方法

さて、「AmazonVine先取りプログラム」の参加条件については前述の通りとなりますが、実際の登録方法についても簡単にご説明します。

今回は、セラーの場合の登録方法を記載させていただきます!

①セラーセントラル管理画面の広告タブからAmazonVineをクリック

②右上の検索窓に登録したいASINを入力、登録を開始をクリック

③登録料の確認、登録したいユニット数(個数)を入力し、登録をクリック

こちらで登録完了となります。

その後、AmazonFBA倉庫から「Vineメンバー」へプログラム登録商品が発送され、商品を受け取ったレビュアーが商品を使用後、レビューをするといった流れとなります。

但し、ここで注意ポイント!

《 注意ポイント① 》 “登録できる数とプログラム参加の期限” 
AmazonVine先取りプログラムは一度に登録できる件数は限られています。
ASINを登録すると、有効な登録数としてカウントされ、キャンセルや終了しない限りはそのまま登録している状態となります。
また、登録日から90日以内(設定している場合は開始予定日)、またはすべての商品のレビューが投稿された時点で終了しますので注意が必要です。

《 注意ポイント② 》 “率直なレビュー” 
Vineメンバーは率直な意見でレビューを投稿いたしますので、全てのVineメンバーが必ずしも、充実した内容で高評価を投稿してもらえるかは保証できませんのでご注意ください!
良いレビューを投稿してもらうためにも商品ページの情報を充実させてから本プログラムを利用しましょう!

《 注意ポイント③ 》 “Vineメンバーのレビュー投稿の期限” 
Amazon Vine先取りプログラムを通して、Vineメンバーが商品レビューを投稿する期限は設定されていないのが現状です…
※AmazonではVineメンバーにレビュアーが積極的に参加しているかどうかを常に確認しており、参加基準を満たしていないレビュアーはAmazon Vineから登録解除されることがあります。

【続報】「AmazonVine先取りプログラム」の登録手数料

今回、続報としてどのような仕様変更があったのか解説いたします。

これまでは、提供する商品やサンプル商品の代金は出品者負担であっても、プログラムの登録手数料は無料で利用することが可能でした。

今回の変更では、2021年11月12日以降、登録手数料が出品者負担で発生するようになりました。

※下記は、セラー/ベンダーの出品形態によって情報が異なりますのでご注意ください。

《 セラーの場合 》

「AmazonVine先取りプログラム」に登録された親ASINごとに「22,000円」の登録手数料がかかり、商品の登録時に登録手数料が表示されます。

この手数料は、親ASINごとにその商品の最初のAmazon Vineレビューが公開された日から7日後に請求されます
※あくまで現在の登録手数料の為、詳細は下記Amazonヘルプページを随時ご確認ください。

参考:AmazonVine登録手数料について

【補足】
レビューが投稿されていない場合や、出品者の商品をAmazon Vineメンバーに公開した日から90日経過後にレビューが投稿された場合は、登録手数料は請求されません。


《 ベンダーの場合 》

バリエーションの数に関係なく、登録した親ASINごとに請求されるようになり、同時に、すべてのカテゴリーの登録手数料を標準化し、登録した親ASINごとに「165,000円」が請求されます。

【補足】
Vineの最初のレビューが、Amazon Vine先取りプログラムカスタマーレビューのメンバーが商品を入手できる日から90日以上経過してから公開された場合、登録手数料は請求されません。なお、手数料は返金できません。

登録手数料が必要とはなりましたが、「AmazonVine先取りプログラム」はAmazonに出品し売上拡大を目指すうえで、とても重要な施策となります。

そもそもAmazonVineプログラムへ登録するメリットとはなんだろう?と感じた方もいらっしゃると存じますが、下記の記事でAmazonVineプログラムの概要やメリット、実際のレビューについてご説明していますので、是非ご参考ください!

↓AmazonVINEプログラムについて下記の記事をご参考ください!

新たなレビュー獲得施策!?Amazon Vine 先取りプログラムを解説!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はレビュー獲得施策の一つ、「AmazonVine先取りプログラム」についてご案内いたしました。

皆様は、Amazonや他モールでネットショッピングをする際、どのくらいレビューを気にされていますでしょうか?
意外と商品レビューを確認して購入されてはいませんか?

今回の記事がレビュー獲得のために少しでもご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後もAmazon出品者の皆さまにプラスとなる情報を発信して参ります!
アグザルファブログが皆様の参考になれば幸いです。

\ まずはお気軽にご相談ください! /

┃公式YouTubeチャンネル 「あぐちゃんねる」

youtube_channelart_aguchannel

┃メディア掲載情報

『Amazon DSP』の活用で、Amazonサイト外部からも集客やブランディング戦略の実現を(2021年7月28日公開「ECのミカタ」)

https://ecnomikata.com/original_news/31081/


『Amazon DSP』の活用で、Amazonサイト外部からも集客やブランディング戦略の実現を

Amazon専門コンサルタントに学ぶ「Amazon戦略成功の裏側」(2020年11月18日公開「ECのミカタ」)

https://ecnomikata.com/original_news/27993/


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • note

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス