リードタイムは攻めの姿勢で設定すべし!

こんにちは!Amazon専門コンサルタントのNです!

Amazon出品者のみなさんは、「リードタイム」をどのように設定されていますか?

発送がすぐにできるかわからないし、出荷遅延で出荷パフォーマンスを下げたくないし・・・

といった理由で、余裕を持って長めのリードタイムを設定していませんか?

守りの姿勢になってしまう気持ち、よーく分かりますよ。

当社のご契約者さまも同じお気持ちの方が多くいらっしゃいます。

しかし!

Amazon出品で勝ち抜くのであれば、リードタイムは攻めの姿勢で設定した方が良い効果を発揮します!

(もちろん、商材によっては攻めれない場合もあります!現実的に対応可能な範囲でお願いしますね!)

気になってきましたか?

それでは、今回はリードタイムの適切な設定について書いていきます。
どうぞ最後までよろしくお願いいたします!

リードタイムとは

そもそも、リードタイムとは一体何のことなのか、理解しておきましょう。

リードタイム = 出荷作業日数

もう少し詳しくいいますと、出品者が注文の入った商品を配送業者に渡すまでに掛かる日数のことをリードタイムといいます。

ここで注意しなければいけないのは、商品ページ上に表示される「お届け予定日」は、設定したリードタイムではないということです!

では、商品ページ上に表示される「お届け予定日」はどのように計算されているのか?

お届け予定日=リードタイム(出荷作業日数)+配送所要日数 (+祝祭日数)

「お届け予定日」は、設定したリードタイムに各配送パターンで設定している「配送所要日数」を足した日数が商品ページに表示されるのです。

なお、配送設定内で土日出荷に対応している設定を行っている場合は、購入者へより短いお届け予定日を表示することができます。

「リードタイム」と「お届け予定日」の違い、理解しておきましょう!

リードタイムの表示仕様

出荷作業日数であるリードタイムは、「お届け予定日」とは別で商品ページ上に表示されます。

「お届け予定日」より大きく表示されるので、おそらくこちらの方が目につく部分かもしれません。

「通常●〜●日以内に発送します」

↑このような表示、見覚えありますよね。

この表示は設定するリードタイムの数値によって変わってきます。

それでは実際にリードタイムを設定した場合、商品ページ上ではどのように表示されるのか確認していきましょう!

リードタイム1~2:最短でのお届け日が表示(※リードタイム1で出荷できる場合は、マケプレプライム配送を行いましょう!

リードタイム3:通常2~3日以内に発送します。

リードタイム4:通常3~4日以内に発送します。

リードタイム5:通常4~5日以内に発送します。

リードタイム6~10:通常6~10日以内に発送します。

リードタイム11~15:通常1~3週間以内に発送します。

リードタイム16~20:通常2~3週間以内に発送します。

リードタイム21~30:通常3~5週間以内に発送します。

 

 

このように、リードタイムによって表示の違いがあることが分かるかと思います。

特に1~2以外は、リードタイムが長くなるにつれ表示される日数が長くなります。

購入者側にとっては若干ながら曖昧な表示となります。

注文をしたら速く届くというイメージが定着しているAmazonでは、可能な限りリードタイムを短く設定をすることで、転換率が上がり、売上につながり、検索結果アップに繋がる道筋ができる可能性ができます。

もちろん、夏季休暇や年末年始休暇などで発送業務が停止する場合は、リードタイムを普段より長めの期間へ変更し継続して販売はしている状況を保ちましょう!

なお、休暇明けはすぐに元のリードタイムへお戻しくださいね!

リードタイム設定方法

リードタイム設定方法について簡単に解説しておきます。

手動で変更(商品数が少ない場合)

数商品だけであれば、セラーセントラルの在庫管理より個々の商品の「詳細の編集」へ入り、「出荷作業日数」へ数値を入力して更新を行ってください。

在庫ファイルで変更(商品数が多い場合)

大量に商品がある場合は、「在庫ファイル」を利用して一括アップロードをおすすめいたします。
在庫ファイルのテンプレートをご用意し(セラーセントラルからもダウンロード可能です)、以下の項目を入力してアップロードいただければ一括変更可能です!

参考)在庫ファイルテンプレート
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/1641?language=ja_JP&ref=ag_1641_cont_G201080370

・ SKU
・ 在庫数
・ 出荷作業日数
・ PartialUpdate (← 必ずここ入れてください!)

マケプレプライム配送設定の注意

出品者出荷でマケプレプライム配送の商品を出品する場合、もしくは、既存の商品をマケプレプライム配送へ変更する場合は、リードタイムの設定に注意が必要です。

※マケプレプライムについてコチラの記事で触れているので、ぜひ読んでみてください。

リードタイムを3以上にしたまま、マケプレプライム配送を設定してしまうと、商品ページ上では最短でのお届け日が表示されているにも関わらず、「通常●〜●日以内に発送します。」という文言も表示されてしまうのです。

実際にこの状態で注文が入った場合は、マケプレプライム配送として注文が処理されますが、購入者にとっては本当に最短で届くのか、プライムマークがついているのに出荷まで日数がかかる?という不信感に繋がりますので、マケプレプライム配送を導入する商品は、リードタイムを「1」へ設定するようお気をつけください。

リードタイムを見直そう

リードタイムは出品者側で自由に変更できる部分です。

もし、発送まで余裕で対応できているけれど、守りの姿勢で長めのリードタイムにしているのであれば、一度リードタイムの設定を1段階短くしてみてください。

実際にリードタイムを短くしたことで、売上アップした事例もございます。それほど購入者にとって、商品が早く届くことはAmazonで購入する上で重要な要素となっています。

1商品でも構いません。注文から出荷まで即対応できる商品があれば、リードタイムを短くしていきましょう!

少しでも、本記事が皆様の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

取り扱い商品が売れるのかわからない・・・
他では売れるのにAmazonでは売れない・・・
検索順位が上がらず集客できない・・・

そんなお悩みを抱えていましたら、
Amazon専門コンサルのパイオニア企業 アグザルファ株式会社へお気軽にご相談ください!

– お問い合わせはコチラ –
https://www.axalpha.com/amazonconsul

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス