【仕様変更】ユニット単価(PPU)の値変更に伴う対応について解説

こんにちは!
アグザルファのAmazon専門コンサルタントです!

皆さまはこんなご経験はございませんか?

「今まで行っていた方法で商品登録ができなくなった」

「急に商品情報が更新できなくなった」

「知らないエラーが発生し対応に困った」

Amazonは仕様変更になることが度々発生し、従来の運用では対応できないことがあります。

あらかじめ新着情報などに告知されていることもありますが、急に仕様が変更されることもありますので注意が必要です!

今回は8月23日に新着情報として公開された「ユニット単価(PPU)表示に使われるunit_count_typeの入力可能値変更(2021年9月23日以降)」について解説させていただきます。

それでは今回もよろしくお願いいたします。

ユニット単価(PPU)とは

そもそもユニット単価(PPU)についてご存知でない方についてご説明いたします。

ユニット単価とは、商品のユニットあたりの価格のことを指します。
たとえばツナ缶の12缶セットの商品の場合、商品ページや商品一覧画面に1個あたりの価格が表示されるようになります。
※商品価格の右側に表示されます。

ユニットの定義は商品によって異なります。

例えば、下図のプロテインはグラムでの表記、化粧水の場合はミリリットルでの表記になります。

必ずしも上記のユニット単価の通りにしなければならないという訳ではありませんが、購入者目線だと価格を比較しやすいので細かい設定をおすすめします。

設定方法

実際の設定方法は以下のとおりです。

・セラーセントラルでの商品登録

商品登録を行う際に、重要情報タブの「unit_count」「unit_count_type」の項目に、該当する値を入力するといった流れになっております。
※カテゴリによっては入力必須ではありません。

・セラーセントラルでの既存商品の変更

既存商品の変更の場合は、セラーセントラルの在庫管理ページから該当商品の詳細の編集ページへ入っていただき、上記商品登録と同じ方法で変更ができます。

・在庫ファイルでの登録・変更

在庫ファイルでの登録・変更の場合は、「unit_count」・「unit_count_type」項目に該当する値を入力・選択し更新いただければ変更されます。

変更内容(2021年9月23日以降)

今回のアナウンスでは、9月23日以降に以下カテゴリのunit_count_typeの値の入力可能値が変更されます。

【対象カテゴリー】

・Beauty(ビューティ)
・Health and Personal Care(ヘルスケア&パーソナルケア)
・Pet Supplies(ペット用品)
・Food and Beverage(食品&飲料)

現在設定している値が「缶」「枚」「本」「袋」「食」「粒」などの商品だった場合は、商品情報の更新ができなくなるので変更が必要になります。
※商品登録の際も上記の値の場合、登録ができなくなります。

また、2021年9月23日以降の入力可能な値は以下の値のみとなります。

・グラム
・ミリリットル
・メートル
・平方メートル
・個

さきほど前項の例で挙げたツナ缶も、1缶単位ではなく「個」か「グラム」での値に変更しなければなりません。

ただし上記対応を行わなくても、急に商品が非掲載になったり、アカウントの健全性に悪影響がでるといったことはありませんのでご安心ください。

注意点

ユニット単価の値の変更は上述の通り、すぐの対応は必要ございません。

しかしながら、9月23日以降にセラーセントラル内の「詳細の編集」から商品情報を編集する場合、ユニット単価の更新がされていないと他の商品情報も更新できませんのでご注意くださいませ。

※商品カテゴリによりユニット単価の入力は必要ございません。

まとめ

今回は2021年9月23日以降に変更されるユニット値について解説いたしました。

簡単に本記事の概要をまとめます。

・ユニット単価:商品のユニットあたりの価格

・9月23日以降は日用品カテゴリーの商品を取り扱っている出品者様は、以下のユニット単価の値にしなければならない。

「グラム」

「ミリリットル」

「メートル」

「平方メートル」

「個」

アグザルファブログが皆様の参考になれば幸いです。
今後もAmazon出品者の皆さまをはじめ、有益な情報を発信して参ります!

最後までお読みいただきありがとうございました。

Amazon出品に関するご相談・お悩みございましたら、まずはお気軽にご相談ください!

┃公式YouTubeチャンネル

アグザルファブログとあわせて、Amazon出品に関する有益な情報をYouTubeでも発信しています!
グッドボタン&チャンネル登録 、ぜひよろしくお願いいたします!

┃メディア掲載情報

2021年7月28日「ECのミカタ」
『Amazon DSP』の活用で、Amazonサイト外部からも集客やブランディング戦略の実現を

https://ecnomikata.com/original_news/31081/


『Amazon DSP』の活用で、Amazonサイト外部からも集客やブランディング戦略の実現を

 

2020年11月18日「ECのミカタ」
Amazon専門コンサルタントに学ぶ「Amazon戦略成功の裏側」

https://ecnomikata.com/original_news/27993/


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • note

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス