【最新版】Amazonブランド登録の申請手順を3ステップで簡単解説(画像付き)

amazonブランド登録手順を3ステップで解説

こんにちは!

国内初のAmazon専門コンサルサービスを展開しているアグザルファです!

アグザルファブログではAmazon専門コンサルタントがAmazon出品に役立つ情報をお届けしています。

Amazon出品されている方でしたら、おそらく一度は聞いたことがある「Amazonブランド登録」。

聞いたことはあるけど、どうやって登録するのかわからない…
これから商標登録を進めるから、先にAmazonブランド登録のやり方を確認しておきたいな…

このようなお悩みをお持ちのAmazon出品者の皆様に向けて、今回は「Amazonブランド登録の申請手順」について、事前準備〜申請完了までのやり方を画像付きで解説いたします!

簡単にわかりやすく解説していきますので、これからブランド登録を進める方や興味をお持ちの方は是非お役立てください。

※2022年5月時点の情報になります。今後変更があった場合は随時更新して参ります。

Amazonブランド登録とは

Amazonブランド登録とは、有効な登録商標を持っている出品者が登録できる「ブランド所有者向けのツール」です。 (既に知っている方は飛ばしてくださいね)

登録することで得られるメリットは大きく2点あります。

・ブランドの構築
・ブランドの保護

■ブランドの構築
登録完了することで、「ストア」の作成はもちろんのこと、今年に入り新しく実装された「比較テスト」、商品紹介コンテンツ内の「ブランドストーリー」や「スポンサーブランド広告・スポンサーディスプレイ広告」など、様々な機能・コンテンツの利用が可能になります。

■ブランドの保護
ブランドの権利侵害から守る役割としても機能しています。
例えば、違反の疑いがある商品を報告できる専用ツールの利用が可能など、ブランドイメージの低下を阻止する役割があります。

これらは、Amazonブランド登録が完了した出品者(=ブランドオーナー)限定で利用でき、毎年徐々に新たな機能が拡充している傾向がありますので、今後も新機能がリリースされていくのではないかと予測しています。

登録条件がクリアできている、もしくはクリアできそうな場合には、ぜひAmazonブランド登録のご検討をおすすめします!

Amazon出品での売上アップに向けた新たな施策・対策の幅がグッと広がりますよ。

では、これより登録手順を解説していきます。

ステップ1:Amazonブランド登録の事前準備

まず、Amazonブランド登録に必要なものを事前に準備しておきましょう。

登録商標の確認

Amazonブランド登録には、国ごとの文字または図形の有効な商標(登録保留中または登録済み)が必要となります。

登録商標が「文字商標」「図形商標」のどちらなのか、またその登録番号を控えておいてください。

※商標の申請番号は対象外となります。

登録するブランド名が記載された商品画像

Amazonブランド登録にあたり、商品画像を提出する必要がありますので、ブランド名やロゴが印字された商品画像を最低でも1枚用意してください。

また、用意する画像は必ず下記の条件を満たしましょう。

< 商品画像の条件 >
①Amazonで販売している商品、または販売する予定の商品であること
②ブランド名・ロゴが商品やパッケージに印字されていること
③ブランド名、ロゴ、その他の識別マークがはっきりと表示されていること
④コンピューターで作成されたものではないこと

ステップ2:ブランドレジストリアカウントの登録

事前準備が整ったら、いざ!Amazonブランド登録へ!…といきたいところですが、その前に「ブランドレジストリアカウントの登録」を進めていきます。

なぜなら、

ブランドレジストリアカウントがないとAmazonブランド登録ができません!

はじめに、セラーセントラルにマスターアドレスでログインした状態で、Amazonブランド登録ページ(https://brandservices.amazon.co.jp)にアクセスし、「開始する」をクリックします。

Amazonブランド登録ページはこちら⬇︎
https://brandservices.amazon.co.jp

再度、右上の「開始する」ボタンをクリックします。

次に、「ブランド登録先の国のマーケットプレイスを選択します。」との表示が出ますので「日本」を選択します。

現在ログインしているアカウントとブランドレジストリを紐づけるかどうかの確認や同意が求められますので、ご一読の上、進めてください。

ブランドレジストリとセラーセントラルを紐付けすることによって、ブランド登録でできる施策をセラーセントラル内で実施できますので、紐付けされることをおすすめしています。

Amazon内の処理が完了すると、ブランドレジストリ専用の管理画面に移行します。

これでブランドレジストリアカウントの登録は完了です!

ステップ3:ブランドレジストリからブランドと商標を登録

それでは、これよりAmazonブランド登録を進めていきましょう!

ブランドレジストリ管理画面の左側にある「新しいブランドを登録」をクリックします。

ブランド情報の入力①

「ブランドを登録する」の画面に移行したら、まずはブランドの概要を登録していきます。

各項目を入力し、事前準備していた商品画像をアップロードしたら右下の「次へ」をクリックします。

※枠内は必須項目なので必ず正しく入力・選択するようにしてください!

<< 注 意 点 >>

商標の種類「文字商標」「図形商標」は間違いのないよう正しく選択しましょう!
誤った内容で申請を進めると審査に落ちます…

参考)

ブランド情報の入力②

続いて、今回登録するブランドの商品について登録します。
こちらも各項目を入力・選択し、右下の「次へ」をクリックします。

流通とライセンス情報の入力

最後のステップです!

流通情報とライセンス情報の質問に選択回答して、右下の「送信」をクリック。

以上でAmazonブランド登録の申請は完了です!

最大1週間を目処に、Amazonブランド登録の可否がメールにて送られてきます。
見逃さないようにメール確認をしておきましょう。

補足事項

登録するアカウント情報によって、必要な対応が異なるケースがあります。

例えば、

要件を全て満たしているにも関わらず審査に落ちた…
そもそも登録申請が送信できない…

このような時は、諦めてはいけませんよ。

ブランドレジストリのTOPページにある「お問合せ」から、Amazonブランド登録チームに直接相談できますので、問い合わせをして状況をお伝えください。

まとめ

今回は「Amazonブランド登録の手順」を解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

Amazonブランド登録は少々手間がかかりますが、登録することで様々な機能・コンテンツを使用できるようになりますので、施策・対策の幅が広がり売上アップに繋がる可能性を秘めています。

商標をお持ちの方やこれから商標を取得する方は、是非今回の記事を参考に「Amazonブランド登録」へトライしてみてくださいね!

「Amazonブランド登録」についてお悩みでしたら、まずはお気軽にAmazon専門コンサルのアグザルファまでご相談ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後もAmazon出品者の皆さまにプラスとなる情報を発信して参ります!
アグザルファブログが皆様の参考になれば幸いです。

\ まずはお気軽にご相談ください! /

┃公式YouTubeチャンネル 「あぐちゃんねる」

youtube_channelart_aguchannel

┃メディア掲載情報

『Amazon DSP』の活用で、Amazonサイト外部からも集客やブランディング戦略の実現を(2021年7月28日公開「ECのミカタ」)

https://ecnomikata.com/original_news/31081/


『Amazon DSP』の活用で、Amazonサイト外部からも集客やブランディング戦略の実現を

Amazon専門コンサルタントに学ぶ「Amazon戦略成功の裏側」(2020年11月18日公開「ECのミカタ」)

https://ecnomikata.com/original_news/27993/


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • note

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス