【売上拡大要素】Amazonカート獲得率を上げる4つの条件

amazonカート獲得率を上げる4つの条件

こんにちは!

国内初のAmazon専門コンサルサービスを展開しているアグザルファです!

アグザルファブログではAmazon専門コンサルタントがAmazon出品に役立つ情報をお届けしています。

先日Amazon最大のビッグセールであるプライムデーが開催されましたね!

プライムデーでガツンと売上を上げれたAmazon出品者様も、今回は調子が悪かったAmazon出品者様も、Amazonで売上を上げていくためにはカートの獲得は必須です!

そこで今回は、Amazonで売上拡大に向けて非常に重要な要素である「カート獲得率を上げる4つの条件」について、詳しく解説していきます。

カート獲得の基礎知識

そもそも「カートを獲得している状態」とは、Amazon商品ページ上の「カートに入れる」ボタンを含むエリアで、最初に出品者様の店舗名が表示されている状態を指します。

Amazonのビジネスモデルでは、1商品につき1商品ページの構成となるため、既に販売されている商品を出品する場合は、該当の商品ページへ「相乗り」する形となります。

そして、カートを獲得できていない出品者の商品が購入されるには「新品(○○)件の出品」や「こちらからもご購入いただけます」をクリックする必要があるため、必然的に購入率は下がってしまいます。

カートを獲得していることで購入までの流れがスムーズとなり、売上拡大に繫がることが分かっていただけたでしょうか。

なお「カート獲得の基礎知識」については、下記記事で詳しく解説していますのでご参考ください⬇︎

【初心者向け】Amazonカートボックスの基礎知識

カート獲得のために必要な4つの条件

ここからは、カート獲得率をあげるために必要な4つの条件について解説していきます。

はじめに、Amazonが公式に公開しているカート獲得率向上の条件は下記の通りとなっております。

1)競争力のある価格を設定する

2)より早くお届けできるオプションや配送料無料を提供する

3)優れたカスタマーサービスを提供する

4)在庫を切らさない

正直、これらの条件を見ても具体的に何をどう改善すれば良いのか分からない方も多いはず……。
Amazonはこれらの条件を含めて、カート獲得方法の詳細については公開していないため、コンサルタントの経験や実例を踏まえて解説していきます!

競争力のある価格を設定する

まず、「競争力のある価格を設定」という条件ですが、簡単にいえばなるべく安い価格で販売をするということです。

下記商品は何店舗かの相乗り出品がある商品ですが、一番安い価格の出品者がカートを獲得していることが分かります。

ここで重要なのが、「競争力のある価格」には商品価格だけではなく、ポイント付与も含まれているという点です。

同価格の商品で複数の相乗り出品者がいる場合には、ポイント付与率の高い出品者がカート獲得においては有利になります。

ポイント付与分は実質出品者様の負担になってしまいますが、定価の販売価格をなるべく変更したくない出品者様がいらっしゃいましたら、ポイント付与を検討してみてください。

より早くお届けできるオプションや配送料無料を提供する

続いて、「より早くお届けできるオプションや配送料無料を提供する」という条件については、プライムマークを付与することが一番の近道となります。

プライムマークを付与するためには、「FBA倉庫に納品すること」「Amazonマケプレプライムを利用して販売をする」2つの方法があります。

後者のマケプレプライムを利用する方法ですが、こちらは2021年7月15日から要件が非常に厳しくなり、「土日を含めた出荷が必要」なことや「標準サイズ商品の全国配送(離島等を除く全地域をプライム対象)」など敷居が高くなっているので、FBAに入庫をすることでカート取得で優位に立つことができます。

「マケプレプライムの参加要件の変更」については、ぜひ下記記事もご参考ください⬇︎

Amazon出品者必読!マケプレプライム参加要件が厳格化【新たな3つの要件とは】

また、下記のように検索結果にプライムマークが表示されることで、プライム会員へ訴求できセッション数増加も期待できます。

優れたカスタマーサービスを提供する

次に、「優れたカスタマーサービスを提供する」という条件は、注文不良率、キャンセル率、出荷遅延率、出品者評価等の出品者独自の数値を適切に管理していくことで、カート獲得率向上に繋がります。

注文不良率やキャンセル率は全てセラーセントラル内の「アカウント健全性」という項目から確認できます。

 

また、出品者評価はユーザーからの信頼度に直接繋がるものであり、こちらもカート獲得率に少なからず影響があると言われています。

出品者評価については過去のブログ記事でも詳しく解説しておりますので、ご参考ください⬇︎

【即実践】Amazon出品者評価でカートボックス獲得率アップ!?

在庫を切らさない

最後に、カート獲得のために必須とも言える条件の一つとして、「在庫を切らさない」ことがあげられます。

Amazonでは在庫が切れた商品は、カートの獲得ができません。
また、メーカーオリジナル商品など出品者が1店舗だけで在庫が切れてしまった場合、検索にもヒットせず、SEO(検索順位)が落ちてしまうことになります。

幸いAmazonの機能として、在庫減少を通知してくれる補充通知機能がありますので、余裕を持った納品計画を立てて在庫を補充するようにしましょう。

「補充通知」を設定する方法

① セラーセントラルの在庫管理画面から補充したい商品をクリックする

② ページ上部の「商品を一括変更」タブから「補充通知を設定する」を選択することで補充通知を設定することがでできます。

ただし、FBAを利用する場合には、過剰に在庫を抱え過ぎるとFBA保管手数料などの余計な経費がかかるため、適正な在庫量を保つよう心がけましょう。

まとめ

今回はAmazonで売上を上げるために必須ともいえる「カート獲得率を上げる4つの条件」について解説しましたが、いかがでしたか?

売上が急激に落ちてしまったな…と思った時は、カートを取られていることが原因となっていることもありますので、是非今回の記事を参考にカート獲得率向上を狙ってみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後もAmazon出品者の皆さまにプラスとなる情報を発信して参ります!
アグザルファブログが皆様の参考になれば幸いです。

\ まずはお気軽にご相談ください! /

┃公式YouTubeチャンネル 「あぐちゃんねる」

youtube_channelart_aguchannel

┃メディア掲載情報

『Amazon DSP』の活用で、Amazonサイト外部からも集客やブランディング戦略の実現を(2021年7月28日公開「ECのミカタ」)

https://ecnomikata.com/original_news/31081/


『Amazon DSP』の活用で、Amazonサイト外部からも集客やブランディング戦略の実現を

Amazon専門コンサルタントに学ぶ「Amazon戦略成功の裏側」(2020年11月18日公開「ECのミカタ」)

https://ecnomikata.com/original_news/27993/


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • note

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス