閉じる
  1. リードタイムは攻めの姿勢で設定すべし!
  2. 「Amazon定期おトク便」の注意点をご存知ですか?
  3. ★5を目指して!レビューは積極的に対策していきましょう!
  4. Amazonの出品用アカウントは何個もつくれるの?
  5. Amazon 広告で売上・利益の最大化はできていますか?
  6. Amazon出品者向け!10月まであとわずか!消費税10%増税への対応…
  7. 商品画像で転換率アップを狙おう!~商品画像の本当の力~
  8. Amazon「ブランド登録」をするメリットは?
閉じる
閉じる
  1. Amazon 広告で売上・利益の最大化はできていますか?
  2. リードタイムは攻めの姿勢で設定すべし!
  3. 商品画像で転換率アップを狙おう!~商品画像の本当の力~
  4. 広告運用で売上拡大!スポンサープロダクト広告を始めよう!
  5. Amazonの出品用アカウントは何個もつくれるの?
  6. 「Amazon定期おトク便」の注意点をご存知ですか?
  7. Amazon出品でのセール設定方法について
  8. Amazon出品者向け!10月まであとわずか!消費税10%増税への対応…
  9. まだ自己流のAmazon出品で苦戦してるの?
  10. Amazon出品 日本だけで良いの?Amazonグローバルセリングで世…
閉じる

Axalpha×Amazonマニュアル

ネット販売を始めるなら 【Amazon】・【楽天】・【Yahoo!】のどれが1番お手軽なの?

今や個人事業が当たり前の現代。

副業でネット販売を始めてみたい!
起業してサラリーマン生活をおさらばしたい!

などと考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、
「ネットで商品を販売してみたいけど、どこが1番簡単に始められるの?」「時間や費用はなるべくかけずに気軽に商売をしてみたい」とお悩みの方へ、今熱いネットの3大市場【Amazon】 ・【楽天】・【Yahoo!】から、
1番簡単に商品販売を始められるサイトはどこか比較しました!

「売り出したい方法は?」

この3大市場を比較する前に、そもそもの市場の違いを確認しましょう。
商品を販売するにあたり
ネット上でお店を経営したいのか、1商品から気軽に販売してみたいのかで、どこのサイトを選択するのか違ってきます。

まずは
出品型と出店型の違いを確認し、自分がどの形態で商品を販売していきたいのか決定することが大事になってきます。

「出店型」・・・各企業がモールへ出店し、1企業1ショップを運営する形式。実店舗で例えると百貨店に各企業がテナントを借りて販売するようなもの。複数商品から品ぞろえして販売する。

「出品型」・・・一つの商品ジャンル内に商品を集め、各企業がモールへ出品する形式。ネット通販のカタログに商品を載せるようなもの。商品の価格や商品そのものなどが重要。一つの商品だけでも出品できる。

3大市場を当てはめると、
【楽天】・【Yahoo!】は出店型、【Amazon】は出品型になります。

「それぞれの特徴とは?」

次に、それぞれの特徴とメリット・デメリットを簡単にみていきましょう。

【Amazon】
Amazonの特徴は、圧倒的な訪問者数や物流網を持つこと。楽天やYahoo!などのモール系の通販サイトと違い、カタログサイトとして運営されていること。店舗構築不要で1商品からスタートできることなどが挙げられます。

☆メリット
・販売できる商品さえあれば、すぐに商品販売を開始できるお手軽さ(月額の固定費も4900円)
・原則1つの商品に対して、1ページしか存在しないので同じページを共有して販売できる(同じ商品を比較検討する時間を省ける)
・店舗デザインなどがないため、商品さえあればすぐに売れる
・FBAなどAmazonが販売代行してくれるサービスがある

☆デメリット
・ネットショップ運営のセオリーがほとんど通用しない(日々Amazonの仕様が変更している)ので、販売戦略が立てにくい
・出品型のマーケットプレイス販売であるため、ネットショップのカラー、特長を出せない
・原則1つの商品に対して1ページしか存在しないので、同じ商品を出品している店舗が複数いた場合、価格面などで最安値にできないと、カートを取れない(商品が売れにくい)

【楽天】
楽天の特徴は、知名度を持ち、会員数・アプリユーザー数も比較的多いこと。ユーザー層に20代~40代女性が多いこと。グルメ、スイーツジャンルに属する食品関連の商材をお持ちの方は成功しやすいなどが挙げられます。

☆メリット
・人気商品が生み出せれば大きな売上、月商につながりやすい

☆デメリット
・固定費が最低でも18万円からと高額であること。
・各商品ジャンル毎に人気店舗が存在するため、新規参入からのシェア獲得が非常に難易度が高い
・商品ページにデザイン性のあるものが多く、デザインで差別化できないと売上を取るのが難しい

【Yahoo!】
Yahoo!の特徴は、初期費用や毎月の固定費が無料なこと。外部リンクOKなこと。低価格、お試しグルメの商材をお持ちの方は成功しやすいなどが挙げられます。

☆メリット
・出店料、販売手数料などのネットショップ運営固定費が基本無料

☆デメリット
・実際は販売時に決済手数料とポイント原資、アフィリエイト経由の手数料などが必要となるため、実際には販売成約時に7%程度の支払が必要な点

「商品販売にかかる費用は?」

次に、商品販売にかかる費用を簡単にみていきましょう。

【初期費用】
楽天は、179,400円〜660,000円(4つのプランからどのプランを選ぶかによっても初期費用は異なります)と少々高額な初期費用となっています。
それに対し、Yahoo!は無料。Amazonも無料(0円〜4990円出品数の規模によって違う)となっており、楽天と比べると気軽に出品しやすい傾向があります。

【月額費用】
楽天は、19,500円〜100,000円かかりますが(4つのプランからどのプランを選ぶかによっても費用は異なります)、Yahoo!は無料。Amazonは大口出品は4900円、小口出品は0円と、こちらも楽天と比べると毎月の負担が少なくて済みそうです。

【システム使用料/売上手数料】
楽天は、2~7%(4つのプランからどのプランを選ぶかによっても初期費用は異なります)、Yahoo!は無料(実際は販売時に決済手数料とポイント原資、アフィリエイト経由の手数料などが必要)。Amazonは販売手数料が8~20%(商品カテゴリーによる)かかります。※小口出品は基本成約料100円/件が別途必要

これからネット販売を始める方は、初期費用についても気になると思います。

Amazonで出品する際の費用について、詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

番外編「メルカリ・BASE(ベイス)」

さて、3大市場とは別に、今人気の【メルカリ】と【BASE(ベイス)】のメリットとデメリットについても軽く触れておきましょう。

【メルカリ】
メルカリの特徴は、ネット上のフリーマーケット的存在であること。

☆メリット
・数分で気軽に出品できる
・中古品でも売れやすい
・月会費などのコストがかからない(販売手数料10%を負担)

☆デメリット
長期的な視野でのネット販売には向かない
・お酒や自社製品など、販売できない商材がある

【BASE(ベイス)】
BASE(ベイス)の特徴は、ネットショップを無料で簡単に作れること。

☆メリット
・初期費用・月額費用が無料(販売度手数料などは負担)

☆デメリット
・3大市場と比べると集客力が弱い
・売上金を振込してもらうときにも事務手数料&振込手数料がかかる

メルカリとBASE(ベイス)の特徴から、気軽に出品したい時は便利ですが、
長期的な利益と集客力を重視している方にはあまり向いていないかもしれません。

最後に

気軽にネット販売を始めるなら、各サイトの特徴や費用などから総合的にみて
Amazonをオススメします!

出品お手軽さランキングにすると、
1位Amazon、2位Yahoo!、3位楽天
になります。

Amazonの出品で便利な点を再確認すると、
・型番商品などAmazon上ですでに他社が販売している商品であれば、価格や在庫数を入力するだけで自社からも販売を開始することができる
・大口出品の場合は、コストも「月額費+売り上げに対する販売手数料」のみと非常にシンプル
・また別途手数料を払うことで、Amazon倉庫に商品を預け、受注・配送・カスタマーサポートを委託できるFBAを利用することができます。

1品からすぐにでも商品を販売したい!&なるべく手間をかけたくない!なら
断然Amazonでの出品
をオススメします。

Amazonについての詳しい内容や、ご不明点、ご質問に関してはアグザルファがお手伝いさせていただきます。
些細なことでも、お気軽にご相談ください。


アグザルファ株式会社
■お問い合わせページ■
https://www.axalpha.com/amazonconsul/

関連記事

  1. 商品画像で転換率アップを狙おう!~商品画像の本当の力~

  2. まだ自己流のAmazon出品で苦戦してるの?

  3. Amazonポイントってつけた方が良いの?~Amazonポイント…

  4. Amazon出品者向け!10月まであとわずか!消費税10%増税へ…

  5. Amazon出品にかかる費用とは?

  6. 超初級者用!Amazonの編集権限について理解する!

おすすめ記事

  1. Amazon 広告で売上・利益の最大化はできていますか?
  2. リードタイムは攻めの姿勢で設定すべし!
  3. 商品画像で転換率アップを狙おう!~商品画像の本当の力~
  4. Amazonの出品用アカウントは何個もつくれるの?
  5. 「Amazon定期おトク便」の注意点をご存知ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. こんにちは!アグザルファのコンサルタントHです。さらなる売上を目指して広告開始!とこ…
  2. こんにちは!Amazon専門コンサルタントのNです!Amazon出品者のみなさんは、「リード…
  3. Amazon出品をされている皆さん、商品画像を意識していますか?商品登録、販促活動、商品出荷…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る