アグザルファのリモートワーク事情

みなさま、こんにちは!
アグザルファ広報 鈴木です。

現在、世界規模で猛威を振るっている新型コロナウィルス。
終息が見えず、2020東京オリンピックが延期になるほど事態は深刻になっています。

4月8日には緊急事態宣言が発令され、不測の事態に各社日々対応に追われているのではないでしょうか。

緊急事態宣言が正式に発令されたことにより、急遽強制的に在宅勤務(リモートワーク)へ切り替える企業が増えたとも。

我々アグザルファでいうと、2月28日より在宅勤務への切り替えを決断し、本日時点で1ヶ月以上が経過しています。

参考:新型コロナウイルスに対する当社対応方針について

不測の事態であること、20数名の小規模組織であるため、感染による様々なリスクを考慮し、リモートワークの導入を決定し、決定翌日よりスタートさせ、全社員原則自宅での業務への切り替えに移行させました。

リモートワーク切り替えによる大きな混乱も生じることなく、問題なく稼働できています。

リモートワークに切り替えられない企業や職種が多く存在する中、当社は幸運なことに導入に適した事業体制であっため、スムーズに移行できたと思われます。

今回はアグザルファのリモートワーク事情について書いていきます!

コミュニケーションは「slack」と「zoom」

アグザルファでは、平常時よりコミュニケーションツール「slack」を社内導入していました。
社内間連絡は基本的に「slack」をベースに活用しているため、リモートワーク導入後もコミュニケーションが途切れることなく繋がっています。

リモートワークが導入されて頻繁に使うようになったのが、通話機能ですね。
やはりチャットだけでは伝達が難しい場面もありますし、状況に応じて使い分けをしています。(声も聞きたくなりますしね!)

また、リモートワークへの切り替えを機に、初めて導入したのがオンラインMTGツールの「zoom」です。

slackでもビデオ通話はもちろん可能ですが、全社員でMTGを開催するとなると不安定でしたね・・・
リモートワーク導入後、各自の自宅環境でLINE、Google ハングアウトなど複数のツールでテストを繰り返し、zoomに落ち着きました。

この状況のタイミングで入社した新人社員が数名いるため、彼らの研修とサポートは画面共有を駆使しながら新しい形式で進めています。

会社の飲み会が相次いで中止になったので、この機会に「zoom飲み会」でも決行してみようと思います!

採用活動のオンライン化

外部とのお打ち合わせをはじめ、採用活動もオンラインへ切り替えています。

これまで全て対面で実施していた面接を全てオンラインのビデオ通話を使用して、面接担当者が自宅より行っています。

本音の部分で言いますと、採用面接はやはり対面の方が両者雰囲気を感じられるしな〜と思うところは多々ありますが、この状況下で採用活動を継続していくためには、オンラインでの対応以外に選択肢はありませんでした。

ですが、ネガティブに捉えてはおらず、将来のことを考えると、オンラインによる採用活動が当たり前になるでしょうし、部分的に継続導入しても良いのではとの感触も得られています。

参考:アグザルファ株式会社 求人募集 Wantedly

リモートワークを導入してみて

リモートワークを導入してみた結果、業務効率化アップの良さもあれば、対面の良さを改めて体感することができました。

当社の業務特性上、リモートワークでも稼働できることが証明できた絶好の機会であり、このように感じているのは当社だけではないでしょう。

また、強制的にリモートワークへ切り替えたこともあり、社員全員ができるだけ自宅で良い環境、状態で業務を遂行できるように「在宅勤務手当」の支給も開始いたしました。

働き方改革が唱えられる中、今回の不測事態をきっかけに、普及率に伸び悩んでいたリモートワークが浸透していく社会変化が起こるかもしれません!

2021年のオリンピックに向けてだけでなく、台風や地震のような災害時でも、リモートワークの基盤が整っていることは会社にとってメリットは多いにあると考えています。

とはいうものの、やはり私たちは少人数であろうと組織として動いています。

スクリーン越しとは違い対面で感じる温度感の良さ、何気ない社内の会話や雑談から生まれるクリエイティブな発想や、問題解決への糸口が見つかることもありますので、これまでのようにオフィスに集まって顔を合わせることも大切にしていきたいと思います。

コロナ問題により、誰しもが様々な ” 初めて ” に直面しています。

組織の力量が試されるように感じられる今、アグザルファでは社員を守りながら、大切なクライアントのサポートをこれまで通り継続していくことに専念いたします。

小ばなし・・・

PCの内臓マイクが調子悪く、オンラインMTGで支障が出ると相談したところ、外付けマイクを購入することになりました。

社長がすぐにAmazonで購入してくださり、翌日自宅へ届いたマイクがこちら。

どんな音でも拾ってしまいそうな最強マイクで今日もミーティングしています

 

少しでも、本記事が皆様の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

取り扱い商品が売れるのかわからない・・・
他では売れるのにAmazonでは売れない・・・
検索順位が上がらず集客できない・・・

そんなお悩みを抱えていましたら、
Amazon専門コンサルのパイオニア企業 アグザルファ株式会社へお気軽にご相談ください!

– お問い合わせはコチラ –
https://www.axalpha.com/amazonconsul

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス