【新仕様】「Amazon定期おトク便」新しい料金体系&自動登録の導入開始

Amazon定期おトク便_新料金&自動登録の導入開始

こんにちは!
国内初のAmazon専門コンサルサービスを展開しているアグザルファです!

今回もAmazon専門コンサルタントが最新の仕様変更情報についてお届けします!

Amazon出品者向けサービス「FBA」をご利用の出品者の皆様、
「Amazon定期おトク便」は設定されておりますでしょうか?

「Amazon定期おトク便」を簡単に説明すると、

購入者が選んだ商品を”定期購入”することで、通常の販売価格よりも5~10%割引されるお得なサービスです。

購入者側からすると定期的に割引購入できること、毎回注文する手間が省けます。
出品者側からするとリピーターの囲い込みになるため、どちらにとっても嬉しいサービスになります。

「Amazon定期おトク便」は2009年より開始しているご長寿サービス。
ユーザーからの需要も高いと言えるでしょう。

今回はそんな便利な「Amazon定期おトク便」について、出品者側が知っておくべき最新の仕様変更について解説いたします。

今回の仕様変更では「FBA」を利用されている方全員が対象と言っても過言ではないので、
ある日いきなり「え?設定してないのになんで勝手に定期お得便として出品されてるの?」と焦らないためにも、ぜひ頭に入れておきましょう!

「Amazon定期おトク便」とは

「Amazon定期おトク便」とは、生活用品を中心に継続的に消費する品物の定期注文サービスです。

Amazonプライム会員に限らず、全てのユーザーが送料無料で利用でき、配送ペースや数量を自由に選択できます。

さらに、申し込み後の変更・キャンセルも可能なので、今月の配送はキャンセルにしよう、数量を増やそう、といった場合でも柔軟に利用することができるのです!

また、価格面においては、通常価格から自動で割引され、同一お届け先&同日に3商品以上申し込みすることで、「おまとめ割引」が追加で適用されるなど、さらにお得に購入することができます。

希望の配送頻度の設定を自由設定・変更することが可能です。
以前は月毎のみでしたが、週毎の設定が可能になるなど、細かな進化もみられています。

・2週間から8週間の週毎
・1か月から6か月の月毎

「Amazon定期おトク便」商品ページの見え方

仕様変更を解説する前に、「Amazon定期おトク便」を設定することで、Amazonサイト上ではどのように表示されるのか簡単に確認しておきましょう。

▼商品ページ上の見え方

商品を購入する時に、購入者が「定期おトク便」「通常の注文」かを選択できるようになります。

「Amazon定期おトク便」設定商品ページ例:

「Amazon定期おトク便」を設定していない商品ページ例:

また、「Amazon定期おトク便」を設定している商品ページでは、購入者が商品ページ上で簡単に[数量][配送頻度]を選択して、申し込みが可能な動線になっています。

▼SD広告設定時の見え方

「Amazon定期おトク便」を設定しているASINをスポンサーディスプレイ広告(SD広告)に設定することで、掲載枠の左上に○%OFFというオレンジ色のタグが付き、広告露出があった際にはよりお得感を強められる表示となります。

表示例:

▼検索結果画面での見え方

「定期おトク便の割引適用で¥○○○○」がテキストで追加表示されます。

テキスト表示によるたった1行ではありますが、定期おトク便を利用しているユーザーへの訴求効果に期待できることや、スマホ画面上など画面サイズが限られている中で商品が並んだ時には、検索結果画面内における占有率が少し高くなりますので、商品ページのクリックを促す効果にも期待できるでしょう。

表示例:

▼Amazonブランドストア画面での見え方

Amazonブランドストア作成時に「商品グリッド」などを設定することにより、ストア内の表示に「定期オトク便」と表示されます。

ブランドストアを訪れた購入者が「定期オトク便」を設定している商品を一目で確認することができます。

表示例:

ここまでで、「Amazon定期おトク便」はシステム表示的にもより訴求力が増す設定であると理解ができたと思います。

それではこれより、今回の仕様変更について解説してきます。
告知された3点を順に確認していきましょう!

「Amazon定期おトク便」もっと詳しく知りたい!という方は、コチラの記事もご参考ください⬇︎

「Amazon定期おトク便」の注意点をご存知ですか?

【仕様変更点①】新しい料金体系(2021年10月14日以降)

今までは「Amazon定期おトク便」の割引率はAmazon側の判断により、自動的に設定されてきましたが、新仕様では商品毎(ASIN毎)に5%または10%の割引率を出品者側で任意で提供できるようになります。

また、2021年10月14日以降は、購入者が1回の配送で3点以上の商品を受け取る「おまとめ配送」に対し、Amazonが追加分の5%の割引を提供します。

■2021年10月14日以前に購入者が定期購入に登録したすべての商品
➡︎ 引き続き以前の料金体系が適用

■2021年10月14日以降に購入者が定期購入に登録した商品
➡︎ 新しい料金体系が適用

【変更点要約】
商品毎(ASIN毎)に5%または10%の割引率を出品者側で任意で提供可能。
2021年10月14日以前に購入者が定期購入に登録したすべての商品については、引き続き以前の料金体系が適用される。
2021年10月14日以降に購入者が定期購入に登録した商品については、新しい料金体系が適用される。

【注意点】
定期購入登録のタイミングで料金体系が異なりますので、ご注意ください。

【仕様変更点②】新規商品の「Amazon定期おトク便」自動登録の導入(2021年10月21日以降)

2021年10月21日以降、Amazon定期おトク便の対象となる追加可能な商品は0%の基本割引が初期設定として、自動的に登録される仕組みになります。

(「新しい料金体系」の解説で記載のとおり、Amazonは5%のおまとめ割引を提供します)

この変更による出品者様の費用負担はありませんので、ご安心ください。

これまで出品者ご自身で行っていたAmazon定期おトク便に登録するための手動作業がなくなりますので、効率化が図れる変更となるでしょう。

なお、2021年10月14日以降は、専用のプログラムページよりいつでも自動登録への参加や解除が可能になり、特定の商品の削除といった管理を行うことができます。

┃自動登録の解除を希望する場合

1)出品者トークン
2)「Amazon定期おトク便自動登録からアカウントを解除するようリクエストします」という依頼文

上記をメール本文に記載のうえ、「jp-fba-sns-feedback@amazon.co.jp」へご連絡ください。

【変更点要約】
出品者側でいちいち「Amazon定期おトク便」登録作業を行う手間は省けるが、2021年10月21日以降、自動的に「Amazon定期おトク便」適用商品とされる。

【注意点】
「Amazon定期おトク便」の設定を除外したい商品を出品している場合は、自動登録の解除または「Amazon定期おトク便」より削除の対応を行う必要があるため、ご注意ください。

【仕様変更点③】割引率の変更設定が可能(2021年10月14日以降)

自動登録による割引率の初期設定は「0%」ですが、2021年10月14日以降、いつでも0%から5%または10%へ引き上げることが可能です。

今までは出品者側ではなくAmazon側で割引率が決定されていましたが、今回の仕様変更により出品者側で商品毎(ASIN毎)に割引率を任意で設定することが可能になり、尚且つ自動登録による割引率の一括設定&変更ができるようになります。

「出品数が多いため、個別に割引率を設定するのが面倒…」もしくは「全商品一律の割引率」といった場合は、基本の割引率を設定しておくことで作業時短にも繋がります。

先日の仕様変更として「Amazonポイントセントラル」の導入がありましたが、今回も同様に、商品ごととは別に「Amazon定期おトク便」の割引率としての設定をアカウント内にて一括で登録できるようになるのではないかと予想しています。

必要に応じて上手に有効活用していきましょう!

「Amazonポイントセントラル」の導入についてはコチラの記事をご参考ください⬇︎

Amazonポイントセントラル開設!概要と10月31日までに確認すべき重要事項を解説!

【変更点要約】
2021年10月14日以降、初期設定の割引率をいつでも0%から5%または10%へ引き上げが可能になった。

【注意】仕様変更に伴うエラー&情報更新について

現在、仕様変更にあたり「Amazon定期おトク便」の設定が行えないエラーが発生中のようです。

テクニカルサポートによると、商品の自動登録機能が有効となればエラーは解決される可能性があるとのことですので、
今現在「Amazon定期おトク便」の設定ができない場合は、ひとまず2021年10月21日以降に改めて登録設定を確認してみましょう!

また、現時点では詳細を把握できない内容も、今後プログラムページやヘルプページに情報追加されていくそうなので、下記ページを1度確認しておくことをおすすめします!

「Amazon定期おトク便」プログラムページ
フルフィルメントby Amazon「Amazon定期おトク便」出品者規約

※追加情報※
10月27日現在、定期おトク便の対象になりうる商品が登録されていなかったり、仕様変更前まで登録されてた商品の定期おトク便設定が外れていたりと、仕様変更によるエラーが発生しているようです。
テクニカルサポートによると、11月末頃までは仕様変更によってシステムが安定しないため、エラーが発生しやすいそうです。
11月いっぱいまでは不安定な状態、ということは頭に入れて定期おトク便の設定などは行った方がよさそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Amazonでは仕様変更が日常的にあるので、新着情報には必ず目を通し、日々情報のアップデートを行っていく必要があります。

古い情報のままだといずれ「知らなかった」では済まされないようなことも・・・

特に、今回のような定期的な割引設定の情報は利益面から考えても重要な設定になりますし、仕様変更を上手く使いこなせるようになれば今後の売上拡大や業務効率の向上にも繋がってくるでしょう。

Amazonとしても出品者の皆様がより快適に運用できるよう日々アップデートを進めていますので、新しいことに慣れるまでは大変ですが、上手く取り入れてまいりましょう!

アグザルファブログが皆様の参考になれば幸いです。
今後もAmazon出品者の皆さまをはじめ、有益な情報を発信して参ります!

最後までお読みいただきありがとうございました。

Amazon出品に関するご相談・お悩みございましたら、まずはお気軽にご相談ください!

┃公式YouTubeチャンネル

アグザルファブログとあわせて、Amazon出品に関する有益な情報をYouTubeでも発信しています!
グッドボタン&チャンネル登録 、ぜひよろしくお願いいたします!

┃メディア掲載情報

2021年7月28日「ECのミカタ」
『Amazon DSP』の活用で、Amazonサイト外部からも集客やブランディング戦略の実現を

https://ecnomikata.com/original_news/31081/


『Amazon DSP』の活用で、Amazonサイト外部からも集客やブランディング戦略の実現を

 

2020年11月18日「ECのミカタ」
Amazon専門コンサルタントに学ぶ「Amazon戦略成功の裏側」

https://ecnomikata.com/original_news/27993/


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • note

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス