転換率27%アップ!?Amazonビジネスいざ出品!

こんにちは!
アグザルファのAmazon専門コンサルタントです。

ビジネス需要のある消耗品の販売に効果が高いといわれているAmazonビジネス。

少しずつ認知が広がってきており、消耗品以外でもAmazonビジネスアカウントからの購入が増えているのをご存じですか?

Amazon独自の調査によると、ある一定期間の計測ではありますが、法人価格や数量割引を設定した場合、法人・個人事業主の購入者の転換率は、設定していない場合に対して27%高くなるといったデータも出ているほどです。

出品者としては、大口出品で「Amaozonビジネス出品プログラム」に登録さえすれば、無料でAmazonビジネスへの出品を展開でき、Amazon内での販路を拡大することができますので、利用してみる価値があると考えています。

「Amazonビジネス」の概要についてはこちらの記事をご参考ください!
Amazonビジネスを活用しよう!~Amazonビジネスの魅力とは~

今回はAmazonビジネス出品における有効的な活用方法について解説いたします!

Amazonビジネスに参加するメリット

Amazonビジネスに参加するメリットは大きく2点あります。

1.ユーザーにとってのメリット

法人価格や数量割引を設定することで、ユーザーへお得に商品の提供が可能。

2.出品者にとってのメリット

法人・個人事業主であるビジネスアカウントユーザーに訴求することで、複数点購入される機会が多く、1注文あたりの購入金額が高くなり、売上拡大に繋げるチャンスとなる。

大口出品者であれば、「Amaozonビジネス出品プログラム」に登録するだけで、追加料金なしで利用することができるため、新たな売上拡大対策となる可能性があります。

法人価格と割引条件の簡単設定

すでに商品登録が完了している商品であれば、セラーセントラルの在庫管理より「法人価格」を直接入力するだけで、Amazonビジネスでの出品が開始できます。

任意で複数点数購入による数量割引の条件も簡単に設定すること可能となります。

在庫ファイルを使用して「法人価格」と「割引条件」を設定することも可能ですが、今回は割愛させていただきます!

法人価格

通常の販売価格とは別項目として「法人価格」を設定します。

セラーセントラル > 在庫管理 より該当商品の「法人価格」の金額入力ボックスへ指定の金額を入力し、右端に表示される「保存」をクリックすることで設定完了です!

なお、「法人価格」はビジネスアカウントでログインした場合に商品ページ上へ表示される価格になります。(一般ユーザーアカウントでログインしている場合、「法人価格」は表示されません)

例)販売価格:14,800円 法人価格:14,356円(3%OFF)

数量割引1:法人価格からの値引き率(%)

【5点以上購入で10%OFF】のように、複数購入する場合に適用される数量割引条件の設定ができます。

5点以上、10点以上と段階割引による設定が可能。

こちらもセラーセントラル > 在庫管理 より直接入力による設定ができます。
「法人価格」直下に「数量割引」という青文字をクリックすると以下のような表示になりますので、入力するだけで設定完了です。

数量割引2:値引き後の価格(¥)

【2点以上購入で1点あたり20,000円】のように、最低数量を購入した場合に1点あたりが安くなる割引価格の設定ができます。

最低数量2点、4点と段階に分けて1点あたりの価格設定が可能。

Amazonビジネスの有効的な設定方法

有効的な設定方法1:法人価格を販売価格より安く設定する

すべての商品で設定することは難しいかもしれませんので、一部の商品だけでも構いません、まずは「販売価格から3〜5%割引」程度を目安に法人価格を設定いただくことを推奨しています。

法人価格を少しでも安く設定しておくことで、一般向けとAmazonビジネス向けで同一商品ページを比較された際に、法人価格でお得に購入できる訴求効果があります。

そもそもガイドライン上で、一般向けの販売価格を設定している商品では、法人価格は「販売価格 ” 未満 “」に設定する必要があります。

一般向け販売価格 ≦ 法人価格 で設定した場合、商品ページ上に「法人価格」が反映されませんのでご注意ください!

ただし、 数量割引設定時に限り、一般向け販売価格と法人価格が同一であっても、法人価格が表示されます。

有効的な設定方法2:数量割引を活用する

ビジネス利用による購入の特徴として、複数点まとめて商品を購入するユーザーが多いことが挙げられます。

そのため、前述で解説した「●点以上で●%割引」「●点購入で1点あた割引」の割引設定を行うことで、複数購入を促進させることにつながります。

冒頭でもお伝えいたしましが、法人価格や数量割引を設定した場合、法人・個人事業主の購入者の転換率は、設定していない場合に対して27%高くなるといったデータが出ていますので、数量割引の設定も含め積極的に活用していくことをおすすめいたします。

数量割引を設定する際の注意点

メーカー希望価格について

「メーカー希望価格(=参考価格)」を入力している場合、割引率、値引き金額の計算は「メーカー希望価格」をもとに値引き率・額が表示される仕組みになっています。

「メーカー希望価格」を適正金額に設定しておきましょう。

商品の在庫数・最大注文個数について

数量割引を設定していても、以下のような場合は商品ページ内の「数量割引(3+, 5+, 8+…)」が商品ページ上に反映されません。

a. 数量割引の設定よりも在庫数が足りない場合 (数量割引のしきい値 > 在庫数の場合)
上記画像で例えると、在庫数が9点になった場合、商品ページ内の「数量割引」に「10+:¥17,273」が反映されなくなります。在庫数が段階的に設定した最低数量を下回ると、自動的に該当の割引条件が非表示になります。

b. 数量割引の設定よりも最大注文個数が小さい場合 (数量割引のしきい値 > 最大注文個数の場合)
仮に「最大注文個数」を8点で設定していた場合、「最低数量:10点以上で5%割引」と条件設定していたとしても、8点までしか注文ができないため、商品ページ内の「数量割引」に「10+:¥17,273」が反映されなくなります。

c. 数量割引設定のしきい値が1000以上の設定
最低数量1000以上の数量割引を設定している場合、商品ページ内の「数量割引」に反映されません。(「999+:1点あたりの価格」 が限界表示)

以上のように、数量割引を設定する商品は、設定条件以上の在庫数があること・最大注文個数の設定確認がポイントとなります。

販売機会損失が発生しないように運用していきましょう!

Amazonビジネスのその他活用方法

法人価格の設定だけでなく、数量割引の設定という機能を解説してきましたが、Amazonビジネスにはその他にも活用方法があります。

数量割引リクエスト機能

ビジネスアカウントのユーザーから、「10点購入したいので割引をしてほしい」といったリクエストが届くことがあります。

柔軟に対応することで注文獲得できる他、将来的にリピーターになる可能性も大いに考えられます。

また、リクエストは検討段階であるため、競合に流れる前に迅速に対応していきましょう!

予約販売商品でも法人価格設定が可能

一般向けと同じ予約販売商品に法人価格を設定しておくことが可能です。

Amazonビジネスの商品ページには、以下画像のように予約販売ステータスでも法人価格、数量割引価格が表示されます。

Amazonビジネスの場合は、特に複数購入の可能性が高いため、販売機会を逃さないためにも予約販売の対応を実施してみましょう。

まとめ

Amazonビジネスの活用方法について解説いたしました。

大口出品者であれば、まずは「Amazonビジネス出品プログラム」にぜひ参加登録をしてください。

無料でAmazonビジネスへの出品が可能になり、Amazon内における販路拡大ができるプログラムです!

繰り返しになりますが、法人価格の設定に加えて、数量割引を導入することで転換率がアップする効果に期待できますので、積極的に活用していきましょう!

少しでも、本記事が皆様の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

取り扱い商品が売れるのかわからない・・・
他では売れるのにAmazonでは売れない・・・
検索順位が上がらず集客できない・・・

そんなお悩みを抱えていましたら、
Amazon専門コンサルのパイオニア企業 アグザルファ株式会社へお気軽にご相談ください!

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス