【簡単解説】Amazon「セール価格」のメリットと注意点!設定方法やおすすめ活用方法を解説

こんにちは!

国内初のAmazon専門コンサルサービスを展開しているアグザルファです!

アグザルファブログではAmazon専門コンサルタントがAmazon出品に役立つ情報をお届けしています。

新着記事のお知らせはX(旧TwitterYoutube「あぐちゃんねる」のコミュニティで発信しています!

今回のテーマは「セール価格です。

2023年10月に日本で初めて開催された「プライム感謝祭」をはじめ、毎年11月頃に開催されるブラックフライデー、12月の年末商戦とAmazonユーザーの流入増加が見込まれるシーズンが到来します!

この機会にAmazonでの売上を最大化すべく、セール施策を企画・検討しはじめているAmazon出品者様もいらっしゃることでしょう。

また、セールに向けた準備や施策のひとつに、クーポンや数量限定タイムセール、Amazonからの招待を受けて特選タイムセールなどの特別枠に参加する方法がありますが、

 ・Amazonからのセール招待が届かない…
 ・条件を満たせず落選してしまった…
 ・手数料がネックで参加できない…

など、思うようにAmazonのセールへ参加することができず、自社セールを開催するにしてもどのようにセール価格を設定すれば良いのか、分からずお困りの方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、独自に企画して実施できるAmazonでの自社セール「セール価格」のメリットや注意点、活用方法、設定方法について解説いたします。

特選タイムセールに落選してしまい自社セールを実施しなければいけないとき、ポイントやクーポンの効果が見えないとき、などお役立ていただけますと幸いです。

独自に設定できる「自社セール」の種類については、以下の記事で詳しく解説しておりますので、こちらもあわせてご参照ください⬇︎

【即実践】Amazon出品で自社セール開催ができる4つの施策

国内初のAmazon専門コンサル_お問い合わせ_無料コンサル相談

Amazon出品「セール価格」の概要


「セール価格」は、Amazon出品者様の判断で自由に価格を設定することが可能です。

まずは、セール価格を設定した商品がユーザーからどのように見えているのか表示を確認してみましょう。

セール価格の表示例

▼検索結果一覧

▼商品ページ

商品によって表示方法が異なる場合があるので、セール価格を設定した後は必ず商品ページを確認するようにしましょう。

※注意点も併せてご確認ください。

「セール価格」のメリットと注意点

続いて、セール価格を設定するメリットと注意点を解説いたします。

「セール価格」を設定する際のメリットと注意点を正しく理解し、必要に応じて活用していくことがポイントになります!

セール設定のルールの詳細はこちら(Amazonヘルプページ)をご参照ください。

■メリット

・セール価格の表示がわかりやすい(二重価格)
・セール価格と期間を自由に設定できる(最長1ヵ月)
・Amazonの審査が発生しない
・手数料が発生しない

「セール価格」と「セール期間」を出品者様のご都合に合わせて設定することができ、手数料や審査も発生しません。

また、上記画像のように「二重価格」で表示されるため「通常価格からどの程度安いのか」わかりやすく、セールの演出効果が高いといえます!

■注意点

・二重価格で表示されない場合がある
・セール価格に設定した価格が「通常価格」として表示される場合がある
・直前2週間以上の販売履歴がない商品については、セール価格は設定できません。

残念ながら、詳細な原因は当社でも原因が分からずAmazon側も公開していないため不明ですが、時折、二重価格で表示されない場合があります。
二重価格で表示されない場合は、想定以上にセール価格が目立たない可能性がありますので、商品ページ上にどのように価格が表示されているかを確認してみてください。

・露出が少ない

特選タイムセールや数量限定タイムセールのように「タイムセール」タブの特集ページには掲載されません。露出を強化するためにAmazonスポンサー広告で対策を行うことをおすすめします。

・Amazonシステムの「参考価格」に影響する

「セール価格」が影響し、Amazonシステムの「参考価格」が引き下がることがございます。

どういう部分に影響が生じるかというと、ある一定の値以上の割引率を設定しなければ参加できないセール(例:プライム会員限定セールなど)の施策を予定している場合に、「直近30日間の参考価格」をAmazonシステムが参照し、その参考価格を基準にして割引率を設定しなければならない可能性もございますので、ご注意ください。

Amazon出品「セール価格」おすすめ3つの活用方法

ここまでセール価格のメリットや注意点を解説いたしました。では「セール価格」を効果的に使うにはどうすればよいのでしょうか?

アグザルファのコンサルタントがおすすめする3つの活用方法を解説いたします。

活用1:Amazonのビックセール期間に設定

定期的に開催されるAmazonのビックセールは通常時に比べてサイトへ訪問する人数が増加する絶好の集客タイミングです!

ユーザーはお得なお買い物をするためにAmazonサイトへ訪れますので、プライムデーやブラックフライデー期間に「セール価格」を活用することでアクセス数や転換率の増加が見込めます。ぜひ活用してみてください。

ビッグセール前の対策については、以下記事をご参照くださいませ⬇︎

【2023年版】Amazon プライムデー開催日が決定!ビッグセール前にやるべき4つの対策

活用2:第2候補の施策として準備しておく

・一部の商品が特選タイムセールから落選してしまった…
・プライム会員限定割引の条件を満たせなかった…

など、厳しい条件や審査の基準を満たすことができず、エントリーしたセール施策に参加できない場合もあります。

そんな時の第2候補の施策として「セール価格の設定」を活用いただくことをおすすめします。事前にメリットや注意点、設定方法を確認して準備しておくことで、セールの直前に慌てず対応できるでしょう。

活用3:ポイントやクーポン施策で効果が得られなかったとき

「ポイント」や「クーポン」を設定しているけど上手く売上に繋げられていない場合に試してみることも効果的です。

例えば、同じ10%OFFでも…

A社(クーポン設定):3,000円 + 10%OFFクーポン
B社(セール価格) :2,700円 + 参考価格3,000円

「セール価格」を活用することで割引後の価格「2,700円」と表示されている方が分かりやすく、同じ割引率でも効果が見込める場合があります。

クーポンは検索結果一覧でバッチが付きますので、視認性が高くわかりやすいメリットもありますので、商品特性や状況によってテストをしてみたり、使い分けて活用してみてください。

Amazon出品「セール価格」の設定方法

最後に、セール価格の設定手順について解説いたします。

Amazonでセール価格を設定する方法は2つあります。

 方法1:セラーセントラルの在庫管理画面から個別に設定する方法
 方法2:専用テンプレートを用いて一括で設定する方法

それぞれの設定手順について分かりやすく解説していきます!

方法1:セラーセントラルの在庫管理画面から個別に設定する方法

(1)セラーセントラルメニュー「在庫」から「全在庫の管理」をクリック
  

(2)対象となる商品を選択し、右端「詳細の編集」をクリック

(3)「出品情報」を選択し、以下の3項目を入力

① セール価格
② セール開始日
③ セール終了日
※「セール終了日」は指定した日付の午前0時に終了となります。

例)2023年10月1日0時00分~2023年10月10日23時59分までセールをおこないたい場合の記入例
セール開始日:2023/10/01
セール終了日:2023/10/11(2023/10/11 午前0時00分にセールが終了する設定となります。)

(4)入力した項目の内容を確認し、内容に誤りが無ければ画面右下の「保存」をクリック

方法2:専用テンプレートを用いて一括で設定する方法

(1)セラーセントラルメニュー「カタログ」から「アップロードによる一括登録」をクリック

(2)「価格と数量変更ファイルを入手」をクリック

(3)ダウンロードしたファイルの「テンプレート」に以下5項目を入力

① 商品管理番号(SKU)
② 販売価格(price)
③ セール価格(sale-price)
④ セール開始日(sale-from-date)
⑤ セール終了日(sale-through-date)

※注意点※
設定したセール開始日、終了日は午前0時となります。

セール開始日:2023-10-01   0:00に開始
セール終了日:2023-10-11   0:00に終了

注意点として「yyyy-mm-dd」書式で設定した場合、時間帯として GMT (グリニッジ標準時) が使用されるため、実際の日本時間とは9時間の時差が生じます。

その為、厳密に日本時間で日付を指定する場合は「yyyy-mm-ddT00:00:00+00:00」という書式で記入する必要があります。

例)日本時間で日付を指定する場合の記入例
セール開始日:2023-10-01T00:00:00+09:00
セール終了日:2023-10-11T00:00:00+09:00

(4)入力した項目の内容を確認し、内容に誤りが無ければ「テキスト(タブ区切り)」で保存

(5)セラーセントラルメニュー「カタログ」から「アップロードによる一括登録」をクリック

(6)「スプレッドシートをアップロード」を選択、作成したファイルを「ドラッグ&ドロップ」または「ファイルを閲覧する」から選択し「商品を送信する」をクリック

(7)「スプレッドシートのアップロードステータス」を選択
アップロードしたファイルのステータスが「✓完了」と表示されたら設定は完了です!

■アップロードしたファイルにエラーが発生した場合

右端「アクション」から「処理概要をダウンロードする」を選択、ダウンロードしたファイルに掲載さている内容のとおりに修正をおこない再度アップロードしてください。

まとめ

「セール価格」について解説しましたがいかがでしたでしょうか?

今回の記事を簡単にまとめると下記の通りとなります。

①セール価格のメリットと注意点
メリット

・出品者様のご都合に合わせて自由に開催できる
・手数料無料でAmazonの審査もないので参加しやすい
・二重価格に表示されるのでセールの演出効果が高い

注意点
・二重価格に表示されない場合がある為、想定以上にセール価格が目立たない可能性もある
・タイムセール枠への掲載がなく露出が少ないのでセールの効果を求めるにはAmazon広告で対策をおこなう必要がある
・Amazonの参考価格に影響するため、特選タイムセール等へ参加予定がある場合は注意が必要

②おすすめの活用方法
・Amazonビックセール期間に設定することで売上アップに繋がる
・タイムセールから落選してしまった時などの第2候補として準備しておく
・ポイントやクーポンで効果が得られなかった場合に検討してみる

③セール価格の作成方法
・在庫管理画面から個別に設定する方法
・専用テンプレートを用いて設定する方法

各種タイムセールに比べ厳しい条件や手数料・審査がないため、ご活用いただきやすいセール施策の手段の一つですが、メリットや注意点をよく理解し、セールの狙いを明確にして活用していきましょう!

セール価格の作成方法と活用方法についてお悩みでしたら、まずはお気軽にAmazon専門コンサルのアグザルファまでご相談ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後もAmazon出品者の皆さまにプラスとなる情報を発信して参ります!
アグザルファブログが皆様の参考になれば幸いです。

\ まずはお気軽にご相談ください! /
アグザルファのサービス内容について詳しくはコチラ⬇︎

┃公式YouTubeチャンネル 「あぐちゃんねる」

youtube_channelart_aguchannel

┃メディア掲載情報

■日々変化するAmazon出品への対応力! 圧倒的知見と経験に裏付けされたアグザルファの実力(2023年10月3日公開「ECのミカタ」)

https://ecnomikata.com/original_news/40277/

■Amazonでの“勝ち方”を知るアグザルファが最短距離”で売上を最大化(2023年4月6日公開「ECのミカタ」)

https://ecnomikata.com/original_news/38560/

「個の力の最大化」をミッションに。 日本初のAmazon専門コンサルが提供する+αの価値(2022年9月30日公開「ECのミカタ」)

https://ecnomikata.com/original_news/36126/

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • note

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス