Amazonスポンサープロダクト広告の効果的な使い方

よく販売者様からのご相談の一つとして、広告の使い方がわからないとりあえずやっている、という話しをお聞きします。

Amazonのスポンサープロダクト広告は、適当にやっても効果はでません!
正しい方法、目的を持った運用をしないと予算の無駄使いとなります。

今回はそんな無駄使いにならない様、効果を高めるための方法についてお話しします。

マニュアルターゲティング

よくある例の代表として、オートターゲティングのみ運用で終わってしまって方が多いということです。

もちろんオートターゲティングのみでも効果を発揮しますが、より売上に結びつけていく為には、マニュアルターゲティングと併用した運用が重要となります。

マニュアルターゲティングではオートターゲティングとは違い、キーワードの設定ができるため、より費用対効果を良くすることができます。

マニュアルターゲティングでキーワードの設定のポイントとしては、
オートターゲティング経由で購入に繋がったキーワードを広告レポートから確認して、マニュアルターゲティングのキーワードとして設定していきましょう。

 

設定をしておくことで、より購入に繋がる可能性が増えます。
もちろん設定を行った後も、セール時、各シーズンに合わせた単価の調整を都度行う必要があります。

 

オートターゲティングを効果的に運用するためには

広告経由で売れてはいるけど、費用対効果が悪いという場合、広告の無駄打ちとなっている箇所が必ず存在します。

広告レポートで、どのキーワードに費用が発生しているのかを確認しましょう。

オートターゲティングの中には、そもそも商品と関係性の薄いキーワード、セッション数は多いが購入に繋がったことがないキーワード等が存在しますので、
そういったキーワードは必ず「ネガティブターゲティング」の項目にある「除外するキーワードを追加」しましょう。

除外したキーワードで検索されることがなくなるので、今まで無駄打ちとなっていた費用を抑えることができ、費用対効果の改善が見込めます。

Amazonのプロが直接無料診断

今回お話しさせていただいた点はあくまで改善方法のほんの一部分となります。

Amazonでただ出品したら売れるということはありません。
よく仕様が変わるAmazonでは、 都度、仕様変更に合わせた改善を行い続ける必要があります。最初に改善を行って以降ずっと放置している方は、大きな機会損失を招いています。

取り扱い商品が売れるのかわからない・・・
他では売れるのにAmazonでは売れない・・・
検索順位が上がらず集客できない・・・

そんなお悩みを抱えていましたら、
Amazon専門コンサルのパイオニア企業 アグザルファ株式会社へお気軽にご相談ください!

– お問い合わせはコチラ –
https://www.axalpha.com/amazonconsul

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス