Amazonの出品用アカウントは何個もつくれるの?

突然ですが、皆様はAmazonの出品アカウントをお持ちでしょうか。

また、出品アカウントを複数お持ちの方はいらっしゃいますでしょうか。

本内容をご覧いただき、複数アカウントについて知識を深めてまいりましょう!

出品アカウントはいくつまで所有することができるの?

Amazonでは、基本的に出品アカウントを複数所有することはガイドラインで違反としています。

※以下引用

「出品者利用規約-出品者の禁止活動および行為、ならびに遵守事項」
複数の出品者アカウントの運用:複数の出品者アカウントを運用し、維持することは禁止されています。

ただし…

法人かつ、申請をクリアした場合、複数の出品アカウントの所有をAmazon側から認められるケースもございます。

複数の出品アカウントを持つメリットは?

複数の出品用アカウントを所有するメリットとして、下記の内容が挙げられます。

・一つのアカウントが万が一アカウント停止となった際、もう一方のアカウントで運営が可能
・入金サイクルを複数回にしたい
・アカウント毎に商品のカテゴリを分け、出品者の信頼度を高めたい
・事業部ごとにアカウントを作成し、会計を明確化したい

上記のようなメリットを享受したい場合に、Amazon側に申請を行うケース、自ら作成するケースがございます。

複数の出品アカウントを持つデメリットは?

基本的に、複数の出品アカウントを所有することはガイドライン違反です。

そのため、申請を行わずに複数アカウントを所有していることがAmazon側で調べられた場合、最悪のケースは…紐づいている複数のアカウント停止が考えられます。

また、それぞれのアカウント情報を見る際に、アカウントごとにログインしなければいけないため、単純に手間がかかるということも言えます。

Amazonに申請を行わず、IPアドレスの変更や、登録情報が紐づかないよう設定を行い、複数の出品アカウントを作成したとしても、一定期間は通常通りの運営ができる可能性はありますが、Amazonのロジックは変わりやすくいつアカウント停止にされてしまってもおかしくない状態ですので、お困りの方はぜひご相談ください

正式な手順で複数アカウントを作成したい場合

Amazonの担当者がついているのであれば、その担当者に一度相談するのもアリです。

※ただし、Amazon側の社員であっても知識が少ない場合もあるのでご注意ください。

または、弊社にご相談いただければ、ヒアリングを行わせていただいたうえで、ご案内できるケースもございますので、お気軽にご連絡ください。

なお、すでにAmazonに申請を行わず複数アカウントを所有してしまっており、今後の運営についてお悩みの方についても、まずはご相談ください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そもそも、複数アカウントを所有することをAmazon側の規約で禁止されていることを知らない方も多くいますので、もしAmazon側に申請することなく複数アカウントで出品を行われている方はご注意くださいね!

なお、弊社では弊社経由で複数アカウントを所有することが出来ているご契約者様もいらっしゃいます。

弊社サポートの内容含めご検討いただけますと幸いです。

複数アカウントを正式な手順で所有することで、メリットを享受することが可能となります。

少しでも、本記事が皆様の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

取り扱い商品が売れるのかわからない・・・
他では売れるのにAmazonでは売れない・・・
検索順位が上がらず集客できない・・・

そんなお悩みを抱えていましたら、
Amazon専門コンサルのパイオニア企業 アグザルファ株式会社へお気軽にご相談ください!

– お問い合わせはコチラ –
https://www.axalpha.com/amazonconsul

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス