閉じる
  1. Amazon出品者向け!10月まであとわずか!消費税10%増税への対応…
  2. Amazonの出品用アカウントは何個もつくれるの?
  3. Amazon「ブランド登録」をするメリットは?
  4. ★5を目指して!レビューは積極的に対策していきましょう!
  5. 「Amazon定期おトク便」の注意点をご存知ですか?
  6. 商品画像で転換率アップを狙おう!~商品画像の本当の力~
  7. リードタイムは攻めの姿勢で設定すべし!
  8. Amazon 広告で売上・利益の最大化はできていますか?
閉じる
閉じる
  1. Amazon 広告で売上・利益の最大化はできていますか?
  2. リードタイムは攻めの姿勢で設定すべし!
  3. 商品画像で転換率アップを狙おう!~商品画像の本当の力~
  4. 広告運用で売上拡大!スポンサープロダクト広告を始めよう!
  5. Amazonの出品用アカウントは何個もつくれるの?
  6. 「Amazon定期おトク便」の注意点をご存知ですか?
  7. Amazon出品でのセール設定方法について
  8. Amazon出品者向け!10月まであとわずか!消費税10%増税への対応…
  9. まだ自己流のAmazon出品で苦戦してるの?
  10. Amazon出品 日本だけで良いの?Amazonグローバルセリングで世…
閉じる

Axalpha×Amazonマニュアル

商品画像で転換率アップを狙おう!~商品画像の本当の力~

Amazon出品をされている皆さん、商品画像を意識していますか?

商品登録、販促活動、商品出荷対応、売上分析・・・

Amazonで売上を上げていくためにやりたい事、やらなければならない事がたくさん。

そんな中、面倒になりがちなのが「商品画像」ですよね。

「メイン画像だけ設定しておけば出品できる」

と考えているそこのあなた。

確かに、出品はできます。ですが、考えてみてください。

とりあえずで設定した画像は魅力的ですか?

購入したいと思える画像になっていますか?

「・・・。」

図星をつかれたアナタ!

今日からその考えは改めましょう!

「商品画像」の準備は、外注すれば費用がかかり、作成しようとすると時間がかかりますが、売上拡大のために非常に重要なのです!

今回はAmazon出品する上で避けては通れない、商品画像のお話しをしていきます。

なぜ商品画像が大事なのか

答えは簡単!売上に繋がるからです!!

想像してみてください。

気になった商品の詳細ページの商品画像が、画質が荒い、適当に撮影したようなアングルの画像、画像枚数が少ないなど・・・ユーザーは購入したいと思うでしょうか?

商品画像の印象は転換率アップの大きな要因であり、売上アップの可能性を秘めている重要な対策といえます。

もちろん、商品画像以外の対策も総合的に行うことが大切ではありますが、人は視覚で物事を判断する割合が高いと言われています。

ですので、たとえ、テキストで商品説明を記載していても、読んでもらう段階へたどり着く以前に、検索結果一覧ページの段階で興味の対象外になってしまいます。

もったいないですよね!

素晴らしい商品と自負しているのならば、なおさら、思い切ってプロにお任せし商品撮影を外注することも選択肢の一つです。

最初からすべての商品の撮影を外注する必要はありません。

まずは一部の商品から試してみようという感覚で構いませんので、プロに撮影してもらった商品画像へ変更した後の動向を確認してみてください。

動向の変化を読み取り、どこが弱点なのかを探ることができますよ。

例えば、セッション数が上がったけど売上に繋がらないことがわかれば、商品画像以外の項目の見直しを図る。

プロの商品画像で良い感触が得られたならば、他の商品も順次撮影を進めていけばいいでしょう!外注は事前投資となりますが、売上のリターンなどを考えて、検討して見てください。

商品画像は、商品を購入するか否かジャッジをくだす大切な部分にあたるため、商品画像の改善は重要と言えます!

商品画像充実:メイン画像

Amazonで設定する画像は「メイン画像」「サブ画像」の二つに分かれます。

メイン画像は、商品の主要画像のことで、1SKUにつき1枚設定することが可能です。検索結果一覧ページおよび商品詳細ページで商品を表す顔となる重要な画像になります。

白抜きであるというAmazon規約は守りながらも、まず商品検索一覧に表示される画像のため、できるだけ商品が大きく(画像全体に占める販売商品の大きさ85%以上)、鮮明に映っていることが重要です。

商品撮影を外注する場合は、Amazon出品において有効的なアングルやカットで仕上がるよう、指示を出すことがポイントとなります。

商品画像充実:サブ画像

サブ画像は任意設定の項目ですが、サブ画像が豊富であることで、伝わる商品情報が増え、使用イメージが沸きやすくなるなど、ユーザーの購買意欲が高まります。メイン画像同様必須の設定であると認識いただくと良いでしょう。

メイン画像はどういった内容の画像が良いのか、例えば「使用シーン」「商品のサイズ感」「付属品・セット内容詳細」「機能説明」などです。

画像として訴求できる内容は画像化いただくことをおすすめします!

なお、サブ画像は8枚まで設定が可能です。

ここでポイントとなるのが、設定可能枚数は8枚ですが、PCブラウザとモバイル(ブラウザ&アプリ)での閲覧状況により表示枚数が異なります!

・PCブラウザ → サブ画像最大で8枚表示
・モバイル(ブラウザ&アプリ) → サブ画像最大で6枚表示

制限枚数の中で、商品の特徴を上手く伝えることができる画像を選定し、サブ画像6枚目までに優先したい画像を設定するよう構成することをおすすめします。

文字を入れる場合は、文字の大きさや読みやすさを重視することが大切です。インパクトも重要なため、イメージで商品の良さや特徴を伝えられるようにしましょう!

画像を読み込む必要があるような、文章量が多い画像は推奨できませんのでご注意ください。

まとめ

皆さんは物を購入する時にどこを見て購入を決意しますか?

そんな原点に立ち返って、どのような画像を作成するか考えてみると分かりやすいかもしれません。

購買率を上げるには、「商品の特徴や価値を理解してもらう」ことが重要です。
その手段として、一番購入者に響くのが【商品画像】になるということを忘れずに!

商品画像の要点を抑えることはもちろんのこと、それに合わせてAmazonの仕様に沿った商品画像を充実させることで、売上拡大を目指しましょう!

少しでも、本記事が皆様の参考になれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

取り扱い商品が売れるのかわからない・・・
他では売れるのにAmazonでは売れない・・・
検索順位が上がらず集客できない・・・

そんなお悩みを抱えていましたら、ぜひ一度、Amazon専門コンサルのパイオニア企業 アグザルファ株式会社へお気軽にご相談ください!

– お問い合わせはコチラ –
https://www.axalpha.com/amazonconsul_form

関連記事

  1. 超初級者用!Amazonの編集権限について理解する!

  2. まだ自己流のAmazon出品で苦戦してるの?

  3. 検索対象の項目の対策は万全ですか?

  4. Amazon出品にかかる費用とは?

  5. Amazon出品の問い合わせ方法と注意点

  6. Amazon アソシエイト・プログラムとは?

おすすめ記事

  1. Amazon 広告で売上・利益の最大化はできていますか?
  2. リードタイムは攻めの姿勢で設定すべし!
  3. 商品画像で転換率アップを狙おう!~商品画像の本当の力~
  4. Amazonの出品用アカウントは何個もつくれるの?
  5. 「Amazon定期おトク便」の注意点をご存知ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. こんにちは!アグザルファのコンサルタントHです。さらなる売上を目指して広告開始!とこ…
  2. こんにちは!Amazon専門コンサルタントのNです!Amazon出品者のみなさんは、「リード…
  3. Amazon出品をされている皆さん、商品画像を意識していますか?商品登録、販促活動、商品出荷…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る