今すぐできる!Amazon出品者評価でカートボックス獲得率アップ!?

こんにちは!
アグザルファのAmazon専門コンサルタントです!

Amazonで商品を探す時や購入する時、大半の方が商品レビューを参考にしていると思われます。

評価が悪い、もしくは評価が無い場合においては商品が購入されにくい傾向もあります。

本ブログでもこれまで商品レビューについて解説をしてきましたが、今回解説するのは商品レビューではなく「出品者評価」になります!

出品者評価は、商品レビューと同様に購入者側からも見ることできる項目となり、売上増加に欠かせないカートボックス獲得にも関わってきます。

出品者評価を対策されていない方はぜひ本記事をご参考ください!

出品者評価とは

出品者評価とは、商品レビューとは異なる評価項目として設けられ、Amazonで販売をする出品者自体の評価になります。

商品自体の評価である商品レビューは、商品ページ下部に表示され「良い商品です」や「使いやすいです」などといった、商品に関するレビューが投稿されています。

一方、出品者評価は商品レビューとは違い、

・包装と発送方法は適切だったか
・出品者に連絡した場合は、対応は迅速かつ丁寧だったか
・コンディションは説明通りだったか
・この出品者をまた利用したいか

のように、商品ではなく出品者の対応についての評価となります。

出品者評価は、出品者情報(出品者名をクリックすると表示されるページ)に表示され、ユーザーも見ることができます。

下記画像のように、最新レビュー順で表示されます。

Amazonでショッピングをしたことがある方はご存知だと思いますが、購入日の数日後にAmazonより「Amazonマーケットプレイスでのご購入について」という件名のメールが届きます。

Amazon側が購入者に対して自動配信してくれるメールとなり、出品者評価を促す内容になっています。

出品者評価は商品レビューと同様に、☆の数で示すレビューとコメントを投稿することが可能です。

5 非常に良い ☆☆☆☆☆
4 良い    ☆☆☆☆
3 普通    ☆☆☆
2 悪い    ☆☆
1 非常に悪い ☆

Amazonにおいては、一般的に☆4~5の評価が良い評価と言われていますので、☆4~5の評価をいただくことを念頭に発送やお客様対応をしていきましょう!

また、出品者評価には「過去12 か月で○ %の高い評価」「○%の高い評価」という2種類の表示形式が存在します。

基本的には、前者の「過去12 か月で○ %の高い評価」で表示されるケースが多いでしょう。

後者の「○%の高い評価」は過去12カ月間に購入者からの評価が10件に満たない場合、またはすべての評価が1年以上前の投稿となる場合に後者の表示となります。

出品者評価を集めるメリット

メリット1:カート獲得率アップ

Amazonで売上拡大を図るために重要な要素のひとつである「カート獲得率」。

カート獲得ができず、お悩みの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

Amazonが定義しているカート獲得の判定基準の一部に以下の指標があります。

指標: ショッピングカートボックスの獲得となるかどうかの判定には、注文不良率、キャンセル率、出荷遅延率が指標として使用されます。これらの指標値が良ければ、ショッピングカートボックスの獲得となる可能性が高くなります。

引用元:Amazon出品者ヘルプ

この指標の中で、出品者評価の☆の数が大きく関係する項目は「注文不良率」にあたります。

注文不良率とは、顧客満足度を数値化した指標であり、以下3要素を元に計測されています。

・低評価率
・Amazonマーケットプレイス保証申請率
・クレジットカードのチャージバック率

このうち「低評価率」が購入者から評価された出品者評価の☆の数が直結する部分になりますよ!

他2項目については、本来ならば生じてはならない事項でありますので、最終的には出品者評価に繋がってしまう要因となり得ますので、こちらも含めてお気をつけください…

「低評価率」は、指定の60日間に「低い評価(☆1~2)」を付けられた注文数を全注文数で割った数になりますので、仮に低い評価が増え数値が悪化しても、改善することは十分可能です。

いかにして日頃より、購入者から「低い評価(☆1~2)」をいただかない対策をおこなうかによって、「低評価率」を含む「注文不良率」の向上維持に繋がり、結果的にカート獲得できることで売上拡大に繋がる好循環サイクルを目指せるでしょう。

「注文不良率」だけではなく、「キャンセル率」「出荷遅延率」も総合的に良い状態で運営しましょうね!)

カート獲得条件は、商品価格や配送条件など他にも指標がありますので、出品者評価だけで決まることはありませんが、出品者評価はカート獲得に有利になることは間違いありません。

まずは、「セラーセントラルTOP > パフォーマンス > アカウント健全性」より現状をチェックしてみてください!

メリット2. ユーザーからの信頼度アップ

Amazonで買い物をするとき、下記画像のように同じ価格で販売をしている出品者がいたら、どちらの出品者から購入をしますか?

・出品者評価 ☆0(新規出品者)
・出品者評価 ☆4.5 (96%の高い評価)

すでに商品の購入意思がある場合、条件が同等であれば、多くの方が直感的に☆4.5「96%の高い評価」である出品者から購入をするのではないでしょうか。

☆の数が明確に表示され視認性も高いことから、出品者評価はユーザーの信頼感に繋がり、購入決定の一押しにもなるでしょう。

もちろん、上記例のようにAmazon出品を開始して間もない新規出品者など、出品者評価数がどうしても少ない場合は、「コンディション」に表示される「コンディション説明欄」に「全国送料無料、迅速な配送、アフターサービス有り」など、出品者独自のPRポイントを充実させる対策をして、コンバージョンを高めていきましょう!

「出品者評価」の獲得方法

「出品者評価」のメリットを理解したところで、「出品者評価」を獲得する方法を解説いたします!

「出品者評価」は購入者側で以下の方法より投稿することができます。

1)Amazonから購入者宛に自動配信される「出品者評価」を促す自動メールから投稿

2)購入者に連絡して、注文履歴の「出品者を評価」から投稿を促す*

*現在、注文履歴の「出品者を評価」はPCブラウザでしか表示されません。
アプリでは表示されませんので、一言説明を加えるなどしてご対応ください!

1)のAmazonから購入者へ送られる自動配信メールから投稿してもらうのが手間がかかりませんが、2)の出品者から購入者へ出品者評価を依頼する内容を含めたサンクスメールを送り、投稿を促す方法もあります。

「注文管理」より購入者へメッセージを送信することが可能です。

セラーセントラルTOP > 注文管理 > 購入者名をクリック > その他からメッセージを送信

サンクスメールは一度雛形を作成してしまえば、使い回して利用できますので、是非お試しください!

特に新規出品者など、出品者評価が少ない方には初期の対策としてオススメいたします!

出品者評価の削除方法

出品者評価で「低い評価(☆1~2)」が入ってしまった場合、場合によっては削除することが可能です。

まずは、削除に該当する要件を見てみましょう。

評価には、わいせつな言語が含まれています。

評価に出品者特有の個人情報が含まれている。

全体的な評価のコメントが、商品レビューである。

評価の内容がAmazonから出荷した注文、またはカスタマーサービスに関するものである場合、削除の対象とします。

引用元:Amazon出品者削除依頼タブ

よく見受けられる内容として、FBA発送の商品やAmazonカスタマーサービスについて、商品自体のレビューがありますので、今一度これまでの出品者評価をご覧いただき、上記に該当する内容の低い評価がありましたら、削除申請を試してみてください!

低い評価が削除されると、見栄えも気持ちもスッキリしますよ(笑)

出品者評価の削除の申請方法

1)セラーセントラルTOPページ > パフォーマンス > 評価をクリック

2)削除を申請したい評価のアクション欄から「削除を依頼」を選択する。

3)削除基準を満たしていることを確認して「はい」を選択する。

この後は、Amazonの自動判定システムにより削除対象の場合は、即削除される仕組みになっています。

削除されなかった場合、「出品者の責任ではない」と思われる内容であれば、Amazonテクニカルサポートに連絡をして削除を依頼してみましょう。

まとめ

出品者評価が実は重要だということ、ご理解いただけましたか?

Amazon出品で売上拡大していくための重要な要素の1つになります。

ユーザー、購入者の目線に立って対応を継続していくことで、良い評価は積み上がっていくはずです!

サンクスメールの送信や出品者評価の削除申請は、比較的アクションしやすい対策の部類ですので、定期対応としてルーティンに含めてしまうこともオススメです。

商品レビューと同様に出品者評価にも気を配りながら、売上拡大を狙っていきましょう!

少しでも、本記事が皆様の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

取扱商品が売れるのかわからない・・・
他では売れるのにAmazonでは売れない・・・
検索順位が上がらず集客できない・・・

そんなお悩みを抱えていましたら、
Amazon専門コンサルのパイオニア企業
アグザルファ株式会社
へお気軽にご相談ください!

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス