Amazon不正商品レビューの3つの特徴と見分け方

こんにちは!

国内初のAmazon専門コンサルサービスを展開しているアグザルファです!

アグザルファブログではAmazon専門コンサルタントがAmazon出品に役立つ情報をお届けしています。

近年、Amazonでも問題になっている「不正レビュー」。

皆さんもこんな経験ございませんか?

「この間、Amazonで商品レビューが200件以上、平均評価も4以上あるイヤホンを買ったら、1週間で壊れちゃった…」

といった経験・・・

結論から言いますと、あなたが購入した商品はズバリ!

「不正商品レビュー」で「意図的に評価を操作した商品」です。

実はこういったケース、商品ページをよくよく確認すると、共通した怪しい点がいくつか浮上します。

そこで今回は、Amazon出品やAmazonでのショッピングでも役立つ「Amazon不正レビューの特徴・見分け方・対策方法」について解説いたします!

Amazon不正レビューの傾向

不正レビューは外国人セラーであるケースが傾向として見受けられます。

※当然ながら、真摯にAmazon出品されている外国人セラーの方も沢山いらっしゃいます。

なぜ、不正までしてレビュー集めに注力しているかというと、

・レビュー数が多いと、検索結果のクリック率が上がる
・クリック率が上がると販売数が上がる
・販売数が上がると、検索結果で上位表示されやすくなる

すなわち、「レビュー数が多い=転換率が上がる=売上が上がる」

というメリットを彼らは知っているのです。

商品レビューは商品選びの参考になりますので、Amazonユーザーにとって頼りになる機能であるのと裏腹に、一方でこの機能を逆手に取って、自社商品に身内やアルバイトを利用して高評価をつけさせる悪質な出品者がいることも事実。

もしこの商品がライバルセラーだとしたら、とても厄介。

とはいえ、残念ながらこういった不正レビューを全て対処できる訳ではないのが現状です。

Amazon不正レビューの特徴を理解することで、Amazonセラーの皆さまは競合リサーチにお役立ていただき、Amazonユーザーの皆さまは購入検討の際にお役立てください!

Amazon不正レビュー3つの特徴

「不正レビューの特徴」について、解説していきます。

1. 販売直後にも関わらず大量のレビュー数!

一番の特徴として、

「販売直後の商品にも関わらず、大量の商品レビューが書き込み済み」が挙げられます。

非常に怪しいです。

例えば、販売から1ヶ月も経っていないのに商品レビューが約100件以上ある商品は疑ってみてください。

Amazon購入者が商品レビューを投稿する割合は「平均:0.3~0.5%」程度ですので、超有名ブランドでもない格安商品に商品レビューが大量に書き込まれる事は、まずあり得ません。

これは典型的な特徴といえます。

2. 短期間にレビューが集中している!

前述にも書きましたが、Amazon購入者の商品レビューを投稿する割合は「平均:0.3~0.5%」です。

であるにかかわらず、「短期間に商品レビューが集中して投稿されている場合」があります。

例えば、5日間で60件以上の高評価レビューが付いている場合は、ほぼ高確率で「やらせ業者のレビュー」と考えて良いでしょう。

俗にいう「サクラ」といわれるものですね。

3. 文章の日本語が不自然!

以前に比べて、現在は少なくなりましたが「レビュー内容の日本語が不自然な場合」があります。

外国人の方が、わざわざ日本のAmazonで商品レビューを投稿すること自体が考えにくい上、Amazonセラー本人もしくはアルバイトを雇って「不正レビュー」を捏造した可能性が高いです。

いずれにせよ、不自然な日本語で多数投稿された商品レビューも特徴の1つとなっております。

日本語が不自然である以外にも・・・

・商品の使用感について、あまりにも事細かな詳細が書かれている
・異常なくらい内容の濃い商品レビュー

といった商品レビューも、不正レビューの特徴ですので、注意しましょう!

Amazon不正レビュー3つの見分け方

不正レビューの「特徴」を理解したうえで、ここからは不正レビューの「見分け方」を解説していきます。

1. 商品の「販売日」をチェック

「ちょっと怪しいな」と思う商品を見つけたら、まずは「商品の販売日」をチェックしてください。

販売日が分かることで、短期間の大量レビューの有無も確認できます。

販売日は商品ページの中部にある「商品の情報⇒登録情報」の中にある「Amazon.co.jpでの取り扱い開始日」に記載があります。

聞いたこともない、調べても情報が出てこないブランド名にも関わらず、販売開始から数ヵ月の間で大量の商品レビューの書き込みはないでしょうか?

短期間の間に大量の商品レビューがある場合、不正レビューの可能性が高いです。

2.「出品者情報」の確認

次に、セラーの「出品者情報」の確認をおススメします。

 ・出品者が外国籍の方か?(多く見られるのは中国籍)
 ・住所が中国語もしくは英語で表記されていないか?

この2つのポイントを確認してみましょう!

「出品者情報」は、商品ページの右側にあるカートボックス直下の「販売元」に記載されている「セラー名」をクリックします。

「セラー名」をクリックすると「特定商取引法に基づく表記」に出品者の情報として、運営責任者の氏名や住所、電話番号が記載されます。

記載している氏名や住所が、英語または中国語の場合はご注意ください。

「出荷元:Amazon.co.jp」
➡︎ 返品やカスタマーサポートはAmazonが対応

「出荷元:セラー名(出品者)」&「特定商取引法に基づく表記」の記載事項が英語または中国語
➡︎セラー(出品者)と連絡が取れないケースがありますので購入時は要注意

 

3.「レビュアー情報」の確認

最後は、レビュアー(投稿者)に関する情報の確認です。

不正レビューを書き込んでいる人は、同じ日に複数の高評価レビューを書き込む傾向があります。

レビュアー情報を確認するには、商品レビュー欄の「レビュアー名」をクリック!

レビュアー情報が表示されるので、詳細を確認してみてください。

同じ日に複数のレビューを書き込んでいませんか?

書き込んでいる場合は典型的な不正レビューの特徴です!

以上のように、複数の視点で商品ページを確認することで、不正レビューかどうか高確率での判別が可能です。

試してみる価値アリですよ!

Amazon不正レビューの対策

「不正レビュー」の書き込みがあった場合の対策として、Amazonに「商品レビューの削除依頼」を行う方法があります。

結局のところ、「Amazonのポリシー」に沿っているか否かの判断は「Amazonが決裁権を握っている」ので、Amazonへ「このレビュー、違反しているよ!」と報告をして、調査 ~ 削除をお願いするかたちになります。

先に結論をお伝えしてしまいますが、

削除依頼はいくらでも出せますが、そう簡単に削除はされません。

卑猥な表現や個人情報が記載されているなど、Amazonのガイドラインに抵触した場合には削除されることがありますが、削除されるケースは極めて低いです。

とはいえ、「商品レビューの削除依頼」の導線は存在していますので、簡単に解説いたします!

「商品レビューの削除依頼」を行う方法には、

Amazon出品者として「商品レビューの削除依頼」をする方法
Amazon一般ユーザーとして「商品レビューの削除依頼(違反報告)」をする方法

上記2通りの方法があります。

Amazonへ不正レビューの違反報告をする方法

・Amazon出品者として「商品レビューの削除依頼」をする方法

1. セラーセントラルの「ヘルプ」より「サポートを受ける」をクリック
2.「Amazon出品サービス」を選択
3. 下部に表示されている「または、メニューで問題を閲覧する」をクリック
4.「商品、出品情報、または在庫」
5.「商品のレビュー」
6.「質問の内容」に違反内容などを記載して送信


・Amazon一般ユーザーとして「商品レビューの削除依頼(違反報告)」をする方法

1. 該当の商品ページを開く
2. 該当の商品レビューに表示されている「違反を報告」をクリック

 

まとめ

SNSやクラウドソーシングなどで、不正レビュワーを募集し短期間で量産することは完全な違反行為です。

Amazonにおける不正レビューはこれまでも長年問題視され続けています。

不正レビューは年々と巧妙になり、見分けがつかないこともあるため、今すぐ大改善されることは正直考えにくいですが、AmazonセラーやAmazonユーザーの皆さんが、不正レビューについて少しでも理解しておくことで、難事を未然に防止できるかもしれません。

今後も新しい不正レビューの傾向や特徴が浮上したら、情報発信していきます!


┃YouTubeはじめました

Youtubeチャンネル開設しました!
ブログとあわせてAmazon出品に関する有益な情報を発信して参ります。

チャンネル登録&グッドボタンいただけると励みになりますので、どうぞよろしくお願いします!

➡︎➡︎➡︎ 【Amazon専門コンサル】アグザルファチャンネル ⬅︎⬅︎⬅︎

 

アグザルファブログが皆様の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

取扱商品が売れるのかわからない・・・
他サイトでは売れるのにAmazonでは売れない・・・
検索順位が上がらず集客できない・・・

このようなお悩みを抱えていましたら、
Amazon専門コンサルのパイオニア
アグザルファ株式会社
へお気軽にご相談ください!

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • note

関連記事

Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス
Amazonで売り上げを拡大するにはコツがいる Amazonに特化した専門コンサルティングサービス